燭影揺紅   

2015年 01月 20日


今日は二胡のレッスンに出かけました。
往きの電車では前のシートに白いマスクがずらり~と並び、一瞬ギョッ!
インフルエンザが流行ってますから~
私は今年も予防接種してないし・・・気をつけないとね。
今日のレッスンは5月の発表会で演奏する予定の曲
「燭影揺紅」(zhu ying yao hong)
二胡を独奏楽器として確立させた劉天華という人が1932年に作った曲で、
生前最後の曲と言われています。
3拍子の華やかなダンスパーティーのシーンを描いた流れるような部分があるかと思えば、
哀しさを感じさせる箇所もあり、最後は蝋燭の焔が消えてゆくかのようなところから、
人生に例えている・・・とか諸説あり。


曲の出だしからして、チョー難しくて、そこでワタクシまずズッコケます。orz
あとは3拍子を意識して弾くことが課題なのですが、頭の中では3拍子なんだけど
弓がねぇ~  脳ミソと運弓がどうも一致しないのよねぇ・・・

発表会では楊琴かピアノの伴奏がつくことになるのですが
「先生^^ノ どちらが音程の頼りになりますか?」なんて聞いちゃって^^;
全く妙な質問をする生徒だと呆れておられるのではないでしょうか?(-ω-;)ウーン


[PR]

by maya653 | 2015-01-20 15:46 | 二胡 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< こ、こ、これですかぃ!@@; Nabucco (ナブッコ) >>