発表会を終えて・・・   

2015年 05月 17日

5月16日(土)久遠二胡教室 第4回発表会が行われました。
朝9時過ぎに会場の目黒区民センターへ向い、先生、生徒ともども
会場の設営など準備に、まずはひと汗かきました。
その後、入念なリハーサルと昼食を済ませたらいよいよ幕が開きました。
a0335262_20020994.jpg

50名程の生徒たちがソロやデュオや大合奏で、自分たちの日頃の練習の成果を披露する場です。

私にとっては生まれて初めてといってもいい大舞台でのソロ演奏でした。
数ヶ月間練習を重ね、1ヵ月前の揚琴伴奏とのリハーサルでは思いっきり落ち込み、
それでも自宅での練習では、暗譜で弾けるようになり、先生に教わった弾き方も少しは実践できるようになって
まあなんとかいけるかな~と思っていたのだけれど。。

本番ではやっちまいました。007.gif
途中で演奏をストップし、やり直したのです。
いやもうなんだか、ほとんど発作的に。(笑)

同門の人からは「ポーカーフェイスで続けていれば間違えてると気付かなかったのに~」と
言われ、家に帰るなり夫に話すと、すかさず「かっこわりぃ~!」って言われ凹みました。

でも一晩あけて、こっそり聴きにきてくれていた二胡友に
「いい加減に誤魔化すより、やり直したことをむしろかっこいいと思ったよ」と言ってもらい
とても気持ちが救われました。
そうだよね、それが自分という人間なのだから仕方ないよね、と思えました。012.gif

他にも遠く長野や山梨から聴きにきてくれた二胡友、
仕事を休んで来てくれた二胡友たちや、メールで応援してくれた歌の仲間。
最初から完璧じゃつまらないよと慰めてくれた友達にも感謝です。053.gif

その後のデュオはのびのびと弾けたと思うし、
大合奏ではおそらく今までのどの練習のときよりうまく弾けた!
おまけに最後の「愛の賛歌」では客席からの「ブラボー!」の掛け声が~038.gif
私たちもその声に驚きと感動をいただきました。

自分の出番がすっかり終わった後半は、同門の方たちの演奏を客席から
じっくりと聴かせていただきました。
難曲に挑戦し完璧なまでの演奏をする方には凄いと思うし、憧れの念さえ抱きますが、
失敗しながらも一生懸命頑張る皆さんの姿に一番感動しました。

二胡の演奏ってアスリートに似ている・・と思うことがよくありますが
結果がうまく出せなくても、頑張ることに一番の意味があるのかなと思います。
(プロじゃないしね^^)
私も今回は結果を残せなかったことが悔しいけれど、
次にむけてまた頑張って練習しよう!(*´∇`*)

a0335262_20021441.jpg



[PR]

by maya653 | 2015-05-17 21:08 | 二胡 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 発表会でのある出来事 Friends - Mich... >>