発表会でのある出来事   

2015年 05月 19日

二胡の発表会は朝9時からの準備とリハーサル、そして本番が18時半までと長丁場でしたから、
当然様々な出来事、ドラマがありました。

そんな中起こったある出来事。
リハーサル中のことです。

舞台上ではソロがピアノ伴奏との最終確認的なことをやっていて、
自分の番がまだの人は客席で待機していたのですが、
その客席の端から、悲鳴にもにた叫び声が!

一瞬すべての時間が止まりました。
何が起こったのかと、その声の方をみると。

ある生徒が自分の足元に置いていた二胡を
別の生徒が通り過ぎざま、足でひっかけてしまい
なんと、二胡の首の一部が折れてしまったのです。

泣いているのか、手で顔を覆っているその人の前で
呆然と立ちすくす、ひっかけてしまった人。

うわ~どちらも可哀想・・・

すぐに先生や先輩たちが駆け寄り
その人と首の折れた二胡を持って
客席を後にしました。

その後楽屋で隣にいたその人に
二胡はどうしましたか?と聞いてみると
ほら!と見せてくれた二胡にはリボンが巻いてありました。
テープでとりあえず巻き、リボンと飾りでうまく
応急処置してありました。
音にも影響はなかったようです。

すごい難曲を弾く予定だった彼女。
ただでさえ、緊張の極みだったであろう時に
起こった事故。

その人が明るく答えてくれたことが
私にはなにより嬉しかったし、ほっとしました。
演奏ももちろんバッチリでしたよ (*´∇`*)

[PR]

by maya653 | 2015-05-19 11:34 | 二胡 | Comments(2)

Commented by うみ at 2015-05-19 13:28 x
ひゃ~、読んでて息がとまりそうになりました。

でもちゃんと弾けて良かったですね。

あるプチ演奏会で、立てかけてあった(立てるな!)仲間の二胡が倒れて分解したことがあります。
糸巻きは二本ともはずれ、弦はぼよよ~ん。
最年長お姉さまメンバーの『大丈夫!』に励まされて、持ち主と私が廊下で組み立てましたが、慌てていて糸巻きの方向が逆向きに!「それ違うと思うけど」と私の二胡見せてやり直し。
二胡ってつくりが本当に「やわい作り」ですよね~
Commented by maya653 at 2015-05-19 14:05
★うみさん
実は、この悲鳴の少し前、私は座ってたシートの隣に
二胡を立てかけて置いていたんです。
で、危ないよって言われて自分の足元に置きなおしたんです。
幸いそこは人が通れないスペースだったので問題なしでしたが。
楽器の扱いにもっと気をつけなきゃと反省です。
でも二胡って木が折れたりしなければ組み立てられるってことですね。(^_-)-☆
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< お江戸へワープ 発表会を終えて・・・ >>