Hさんを探せ!   

二胡友のお師匠さん曹雪晶さんのコンサートへ行って来ました。

曹雪晶さんといえば、じつは以前から愛読しているブロガーさんのお師匠でもあり
そのブログがとてもとても面白くて、ぜひぜひそのブロガーさん(Hさん)にも
お目にかかりたい!と思っていたので、めったにないチャンス!

今日は、曹雪晶さんの二胡と同じくらいHさんにお会いする楽しみで
わくわくしながら出かけました。

まずは曹雪晶さんの演奏から。。。

光明行に始まり、金髪のジェニー、G線上のアリア、そして病中吟・・・と
ジャンルを問わず、どれも音色が美しい~♪
特に演歌の「悲しい酒」は無伴奏で、しっとりと聴かせてくれました。

第二部の チャルダッシュ、シンドラーのリスト、葡萄熟了 もよかったな~
やはり二胡って弾き手の性格、個性を反映しますね。

恐らく気負いのない、穏やかで素直な性格の方なのではないかと
お見受けしました。

握手してほしくてCD買っちゃいました。(*´∇`*)
好きな中国曲がいっぱい入っていたのでこれにしましたが
曹さんかなりお若い頃のCDのようです。

a0335262_2236727.jpg


そしてもうひとつの案件、「Hさんを探せ」ですが・・・

Hさんのブログにはさりげなくご本人の3つの目印が書かれていたのですが
一番わかり易い「〇〇のネックレスをしている」を頼りに
私たちHさんブログファン一団は、会場中を目を皿のようにして探しました。

休憩時間に「入口付近にそれらしい人がいた」と聞けば、すぐさま確認に飛んでいきました。
が、めぐり合えず、肩を落として、席に戻りました。

もぉ途中から、今日の目的が、曹さんの二胡演奏なのか
Hさんにお会いすることなのかわからなくなってきました。^^;

そして演奏が終わり、アンコールの賽馬も終わりいよいよ会場を出て・・・・
曹さんのCDを買って握手とサインをしてもらい、ふと振り返ったその瞬間!

ああああ!!  あの人だーー!きっと ぜったい まちがいない!!

と叫びながらも 恐る恐る傍へ行き
「あのぉ・・もしやHさんではないでしょうか~?」とお声をかけました。

我々ブログファン一団に取り囲まれたHさん
「はい そうです」とにこやかに答えてくれました。ヾ(@^▽^@)ノ ワーイ

その後、Hさんとお茶してお話してみると、
ぬわんと、まんざら知らない仲ではなかったんですね的な話やら
二胡友の同門としてのお話やらで、夢のような時間を過ごしました。

いや~素敵な一日でした。
それにしても二胡の世間は狭い。
[PR]

by maya653 | 2015-09-22 22:33 | 二胡 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 栗の渋皮煮 敬老会で二胡演奏 >>