公開カルテット・クリニック@Barbershop   

2015年 11月 21日

"Barbershop Masterclass with Roger Ross"     
というイベントがありました。
1992年世界チャンピオン・カルテット”Keepsake”のテナー
RogerRoss氏が2つのカルテットのコーチングをするというもの。


一番左端がRoger
a0335262_23143774.jpg
初心者の私なんぞが参加しても意味ないかも~とか思ったのだけど、ぬわんと!
司会進行が大好きなSteve(jammin Zeb)と聞けば行かないわけにまいりません。。。
というわけで、一応?Barbershopのお勉強ということで
Choux Creamesのメンバーさよちゃんと行ってきました。

コーチングの前に、さっそく司会のsteveがコーチのRogerとMaxとあと一人の4人でカルテットを聴かせてくれました。

キャー!いきなりSteveの歌声が聴けるなんて~016.gif
もうすでにこれだけで、道に迷いながらも来た甲斐があったというもんです。
いやいや、ちがうから。
今日の目的はRogerのクリニックでした。037.gif

で、最初のモデルカルテットグループは、”Vocal Tompectrum”
東北大学の学生たち。結成2年で20曲以上のレパートリーがあるという
Barbershopに魅せられた人たち。
こんなグループです。


こんな感じでコーチングが行われ・・・
見違えるように! Roger Magic!?

a0335262_00070121.jpg

2組目のモデルカルテットは”coiffeur”という東京大学出身の実力ある4人組。
舞台に上がった瞬間から、4人のキャラが際立っていて面白かった。
この日も歌った”Sing,Sing,Sing”ですが・・・

Rogerからは手の動きが多すぎて「これじゃSing,Sing,SingとういうよりHands,Hands,Handsだよ」というダメだしがあり、一旦手を前で組んで歌わせてみたり,
目を閉じて歌わせたりしていました。

どちらのカルテットにも共通していたRogerからのアドバイスは、発声。
りんごが入っているように口の奥に空間を作り、頭上に暖かい息が上がっていくように・・・と。いつも貴子先生から言われてるのと同じでした。

なにより楽しかったのは、会場の全員でTagを体験したことでした。
a0335262_23151605.jpg
Barbershopの曲に表れる特徴的なエンディングを”Tag”といいますが
しばしばこのTagの部分だけを、そこに居合わせたメンバーで互いに教えあいながら、即興的にハモって楽しみます。
会場全体で”We Can Fly”のTagを歌いました。
私はBassパートを歌いました。楽しかった~060.gif

その後も、SteveとRoger、Maxと1人のカルテットで2曲と
モデルカルテットも加わり1曲を聴かせて貰い、会はお開きとなりました。

a0335262_00085813.jpg
司会進行のSteve,慣れない通訳もお疲れさまでした。
(やっぱりそこ?w)043.gif
a0335262_00120496.jpg

元Choux Creamesのメンバーでもあり
現在DIVAの一員であるK2さんのブログに、より詳細で素晴らしい
レポートがありますので、是非ご一読くださいね。
DIVAを夢見て(←クリックで飛べます)




[PR]

by maya653 | 2015-11-21 23:27 | コーラス・カルテット | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ウェイウェイウーコンサート♪ お買い物ふたつ >>