神は細部に宿る

今日は茅ヶ崎まで、曹雪晶さんの二胡演奏会にでかけました。
この方の演奏会は2度目ですが、前回にも増して感動しました!

というか前回は別の目的もあって、コンサートに集中できなかったといったほうが
いいのかもしれない。(笑) 
a0335262_22435631.jpg
開演前、プログラムを見ると大好きな聴いてみたい曲ばかりで
まず選曲にニンマリ(≧m≦)
演奏曲15曲+アンコール2曲 どれも期待を裏切らない演奏でした。016.gif

ピアノの多田聡子さんも伴奏だけでなくMCでも上手に曹さんをフォローしている感じが、とても微笑ましく、素晴しい方だと思いましたし、
ピアノソロ「月の光」ドビッシーは目をつぶって聴き入りました。

曹さんの二胡は許可さんと同じくマイクを使いません。
なま音で聴かせてくれるのがまず嬉しい。

今日は特に「日本のうたメドレー」と「100万本のバラ」が気に入りました。
アレンジの素晴しさもあって、本当に素敵でした。

曹さんの二胡を聴いて思うのはふたつ。
『二胡の演奏って最後は人柄』 そして 『神は細部に宿る』   

見るからに穏やかそうなお人柄は、
包み込むような温かく優しい音色を醸し出します。053.gif

『荒城の月』の独奏では、会場がシ~~~ンと静まりかえりました。
でもそこにあるのは緊張感ではなく、静寂に澄み渡る二胡の音色。

ひとつひとつの細やかな表現が年輪を感じさせてくれました。
本当にいい演奏会でした。(*´∇`*)

[PR]

by maya653 | 2016-03-19 23:02 | 二胡 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< オーケストラ演奏会へ♪ かかりつけ医 >>