ソング・オブ・ラホール   

2016年 09月 13日

私が映画館へ足を運ぶ日はなぜかいつも雨。057.gif
でも行ってよかった。

『ソング・オブ・ラホール』

<あらすじ>
パキスタン伝統音楽とビッグバンドジャズの共演を追った音楽ドキュメンタリー。
かつては芸術の都だったパキスタン・イスラム共和国のラホール。タリバンによって音楽を禁じられ、
世間から忘れ去られてしまった音楽家たちが自分たちの音楽と聴衆を取り戻すため、ジャズに挑戦する。
伝統楽器による彼らのジャズカバー映像はアクセス数100万を超え、
トランペット奏者のウィントン・マルサリスの目に留まった彼らはニューヨークへ招かれる。
リハーサルでは両者うまくかみ合うことができなかったパキスタン伝統音楽とジャズマンたち。
そして、ついに本番の幕が開く。

<予告編>
 

日本ではあまり知られていないパキスタンの内情。
政治と宗教が絡み、音楽が禁止され、音楽家が鞭打ちにされるなんて・・。
あたり前に音楽を聴いたり演奏できる日本では信じられないことだけど
そんな人たちが同じ地球上にいるんだということがショックでした。
サッチャル・ジャズ・アンサンブルにエールを送りたい。

映画の中でも演奏された「Take5」


来日したサッチャル・ジャズ・アンサンブル
東京ジャズフェス、行きたかったな~


[PR]

by maya653 | 2016-09-13 17:10 | 映画 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< りんごの木の下で Autumn in 神楽坂 >>