卓上ポット   

じつは今まで我が家には保温ポットというものがありませんでした。
毎朝飲むのはコーヒーメーカーで淹れたコーヒーなので
朝お湯を沸かす習慣がないというのが大きな理由かもしれません。

それでもお昼頃にはお茶を頂いたりするためにやかんでお湯を沸かして
余ったお湯はもったいないので携帯用の保温水筒に入れておく、といった具合。
夏場は基本、冷たい麦茶なので熱いお湯を使うこともあまりないから
0.47Lの水筒で十分でした。

ところが、数年前あたりから(歳のせいか?)夏場でも温かい飲み物が欲しいと思うことが増え、
ましてや冬の到来間近なこの頃は、水筒のお湯では足りなくなりました。
いい卓上ポットがあれば買いたいな~と頭の隅にはあったのですが。。
いよいよ真剣に卓上ポット探しを始め、ようやく購入しました!
それがコレ! サーモスのステンレスポット1L

a0335262_20495356.jpg

実はこれ、近所に新しくできたおむすびやさんで見て一目ぼれしたものでした。

カウンターに何個か置かれた、お茶の入ったポット。
コロンとした可愛い形に惹かれて、買うならこれにしよう!
とその時思ったのでした。(≧m≦)

もちろん保温性能などはネットのクチコミで高評価でしたしネ。
2人なのでこのサイズで十分でしょう。
小さくて場所もとらず、買ってよかった~と満足してます。
これで、いつでも温かいお茶が頂けます~(*´∇`*)


[PR]

by maya653 | 2016-12-07 21:00 | つぶやき | Comments(4)

Commented by うみ at 2016-12-08 10:53 x
いいですね~。
ホント、可愛らしいデザインです。
なんとなく「コケコッコー」とか鳴きそうな雰囲気。

わたくし事で恐縮ですが、我が家は商売をやっているので、お客には即刻お茶を出すのが鉄則。なのでお湯を切らしたら死刑!な雰囲気でした。
嫁に来たばかりの頃は、早朝6時に店のポット、台所のポット合計三本分(しかもみなデカイ)を沸かしておくのが朝一番の仕事でした。お湯を沸かしながらお掃除。当時は電気ポットってなかったので。
今は店と台所にひとつづつ電気ポットがあるので、お水入れればOKですが、
口だけ出して動かない義母の亡霊に、いまだ支配されてる気分です。
亡くなって20年以上経つのに、時々夢に出て来てはしょーもないこと指示
されてます。被害妄想、半端ない・・・
Commented by maya653 at 2016-12-08 20:22
★うみさん
ぺンギンにも見えますね。ふふ

私の実家は自営業だったので、その大変さを見て育った私は
絶対サラリーマンの嫁になるんだ!と言ってたもんです。
縁あってサラリーマンの嫁になったものの、なんと転勤族で
海外含めて15回以上も引越しを経験し、ジプシーのようだと思ったりも。

若い頃は全て良い経験と思えたけど、今となってはひとつところに根を下ろした生活もしてみたかったと思ってみたり。。
まあ他人の芝生は青いってことでしょうか。
Commented by うみ at 2016-12-10 12:55 x
ああ、ペンギン近いです! ヨチヨチ歩きそう。
目の当たりにした苦労は避けますよね。
私の周囲でも、
「母の苦労を見ていたから、絶対に長男とは結婚しないと決めていた」人、
とか絶対に医者とは結婚しない!という医者の娘がいました。
人生の選択って消去法なのかもね。
人生は一回ぽっきり、しかも周囲の芝は青いってことですかね~。

Commented by maya653 at 2016-12-11 10:08
★うみさん
そうですね。やはり人には運命、宿命みたいなものがあるのかもしれないね。
与えられた人生を精一杯生きて、亡くなる瞬間に「まあまあこんなもんかな」って
思えたらそれでいいか!(笑)
もうひとつの人生は生まれ変わってからのお楽しみ♪ってことで。(≧m≦)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 母上、お誕生日おめでとう! レコーディング♪ >>