カテゴリ:二胡( 57 )   

胡琴重奏   

Xeno Quartet + ゼノ・カルテット プラス は、
神戸出身の鳴尾牧子さんをリーダーとして2012年結成。
二胡・中胡・革胡という音域の異なる古琴類に、パーカッションを加えた編成で
演奏技術を駆使した迫力あるアンサンブルを目指すグループ。
a0335262_20252681.jpg

会場は御茶ノ水のイタリアンレストランLEMON
その素敵なインテリアと美味しい食事を楽しんだ後ライブのスタートです。
なんと、私の席はど真ん中の大きなテーブルの一角。
同じテーブルにパーカッションの人が楽譜を置いているという
なんとも面白い状態。
目の前にメンバーがいて、遮るものはなにもないという
多分一番いい席だったのでは。(西野さん 多謝)
a0335262_2035295.jpg

この曲からスタートです。『Misirlou Twist』

サンサーンスの交響詩『死の舞踏』 や 
Deep Purpleの『Highway Star』もやっちゃうし
唯一の中国曲は『新賽馬』 ~最後の革胡の嘶きは「もぉ~~」と牛だった。(ノ∇≦*)

Michael Jackson の『Smooth Criminal』では立ち上がって横を向いたと思ったら
傾いたのは二胡!というオチもついて、クスクス(*^m^)   a0335262_1061194.jpg
とにかく、カッコいい! 超絶ウマイ!
ジャンルを問わず、確かな演奏技術と独自のアレンジで
時にユーモアを交えながらのパフォーマンスに
すっかり魅了されました。
ゼノカルのメンバーとパチリ。
a0335262_2173360.jpg

次に東京で聴ける日には、またきっと!
世界ツアーも夢じゃない!!?(*^▽^*)
[PR]

by maya653 | 2015-11-08 21:03 | 二胡 | Comments(0)

公園二胡   

秋晴れの一日、ようやく念願叶って、初めての「公園二胡」!
都内のとある公園に、お弁当持参で集まった二胡仲間たち6名。
a0335262_20223686.jpg


まずはピクニック気分で、シートを敷き、各自持参したお弁当を広げます。
美味しそうなものがたくさん並んで、思いのほかゴージャス!^^
たくさん買ってきてくれたメンバーのTさん、ごちそうさま~!
わいわい賑やかにおしゃべりも弾みました。
a0335262_20442454.jpg


お腹がいっぱいになって、お日様ぽかぽかだしお昼ねしたいね~なんて言いながらも
やっぱり二胡大好きなみんな、二胡を取り出し調弦を始めました。
いつもみんなで合奏してる曲を数曲弾きました。
屋内と違って、開放的な気分で弾く二胡はまた格別の楽しさがあります♪
a0335262_20323032.jpg
                           photo by 村長さん
途中、立奏もしてみたり~
日陰が寒くなったので、日の当たる場所に移動したり~
と、楽しい時間は過ぎてゆき。。
予定の時間を軽くオーバーし、夕日の射す公園を後にしました。

超楽しかった~!(*´∇`*) 
[PR]

by maya653 | 2015-11-03 20:40 | 二胡 | Comments(0)

甘建民二胡学院の発表会へ   

いつの間にか季節は巡り、暑かった夏の記憶が消えすっかり秋、11月となりました。
霜月というだけあって、朝晩寒さを感じます。
そのせいか昨日は突然の腰痛。 梅雨以来なので、やはり冷えからきてるのかも。
秋は二胡の発表会も多くて、毎週末都内のどこかで発表会。
今朝も少し痛みの残る腰にシップを貼って、出かけました。

a0335262_21153863.jpg


甘建民さんは二胡友の間では王子とよばれている甘く優しげな風貌のお方。
とても50代には見えません。
発表会では50名近い生徒さんがほぼソロ演奏されるというから長丁場になりそうです。
初めは二胡友さんの応援に行くつもりで、後半に行って、講師の演奏を聴いて帰るつもりでしたが
事前に入手したプログラムを見ると、第一部から聴きたい曲がイッパイ!
結局、早めに出かけて4番目の方の演奏から聴きました。
a0335262_11435870.jpg
4「紅楼夢」ドラマチックで大好き。 
12「二泉映月」を2人で弾くのは初めて見ました。  
16「月夜」そろそろ練習したい曲です。  
17「赶集」一度やりかけて放り出した曲ですがやっぱり弾けるようにしたいな。。
20「チャルダッシュ」なんと弾いたのは可愛い女の子でした。 
第一部~第二部へと次第に難しい曲が多くなります。
29「蝋燭揺紅」忘れもしない私が5月の発表会で弾いた初めてのソロ曲。
そして、31「山村変了様」は今練習中の曲でもう3ヶ月近くやっています。
やはり自分が弾いた曲というのは、自然と力が入るし、一緒に弾いてる気持ちになります。

a0335262_11471551.jpg
第二部の最後は甘建民さんと6人の生徒さんたちによる合奏で 34「菊花台」
ピアノ伴奏でアレンジもよくて、元々大好きな曲が一層素晴らしくて聴き入りました。

そしていよいよ第三部で、難曲が続きます。
もちろん演奏する生徒さんも実力者揃い。
35「江南春色」 を演奏するのは二胡友さん。
私を含め、何人もの二胡仲間が応援しました。
落ち着いていつものように弾けていたと思うのですが、本人はいかに?^^

39「賛歌」はいつも拝見しているブロガーさんによる演奏でした。
もちろんお顔を見るのも初めてでしたが、なかなかの美人さんで、
演奏もお上手でした。

と、、、ここまで聴いたところで、なんだか疲れてしまい帰ることにしました。
本当は最後の講師演奏までいたかったのですが
甘さん中国曲ではなく、オリジナル曲弾かれるみたいだったし、またの機会に~と。

これからすごい曲の演奏が始まるというときに席をたつ人はいなかったのだけれど
サッと席を立って外へ出ると、甘さんご本人がいらっしゃって。。
思わずお声をかけてしまいました。
甘さんはとてもにこやかに優しくお話をしてくれて本当に好印象でした。
一緒に写真撮らせてもらえばよかったかなあ~^^

いい発表会でした。また来年!(*´∇`*)

追記:楊琴の李倩さんは太田先生ともよく一緒に演奏されていて
11月28日のコンサートでもご一緒されます。
私もこの方の楊琴の音色は優しくて大好きです。
[PR]

by maya653 | 2015-11-01 22:14 | 二胡 | Comments(4)

こたにさんちの発表会   

秋はコンサートや発表会で忙しい。
今日は”こたにじゅん二胡教室”の発表会へ行って来た。
a0335262_20530378.jpg
こたにじゅんさんは、他の二胡奏者とは少し経歴が違っていて
中国の文化や音楽から二胡に入った人ではなく、
二胡の音色そのものに惹かれ興味を持って二胡を始めたという。
中国曲ももちろん演奏されるが、J-POP@二胡の人といったイメージが強い。
実際「アカラ」という二胡ユニットでの活躍もされている。

曲目も演奏順もかなり自由な感じで、ちょっとユニークだけど楽しかった。
もちろんここでも葡萄熟了弾いた人2人いました。
総勢25名のソロ演奏と、合奏2曲。

「チャルダッシュ」「三門峡長想曲」「奔馳在千里草原」などの難曲もあれば
「ロミオとジュリエット」「あの日にかえりたい」「蘇州夜曲」などなど・・
二胡仲間の「光明行」も聴けたし。^^
みなさんの努力の跡がしっかり見えて、たくさん感動いただきました。

会場に来ていた元同門の人や二胡つながりの知った顔がちらほら。
ネットでのお付き合いだった人とのはじめましてのご対面も嬉しかった。


[PR]

by maya653 | 2015-10-12 21:20 | 二胡 | Comments(0)

葡萄熟了   

今年の秋も二胡教室の発表会などで、何度も耳にしたこの曲。
葡萄熟了(プータオシュウラ)は周維が新疆ウイグル族の音楽をもとに作った
とても有名な曲です。
人々が葡萄の収穫を祝って、歌ったり踊ったりしている様子が
活き活きと描かれていて、私も大好きです。
11月の太田久遠先生のコンサートでも演奏される予定です。

作曲した周維ご本人の演奏で



[PR]

by maya653 | 2015-10-11 22:31 | 二胡 | Comments(2)

独弦操   

曹雪晶さんがコンサートで、二胡でG線上のアリアを演奏されました。
言わずと知れたバイオリンのG線だけを使って弾く曲です。
曹さんはMCで「二胡だとD線上のアリアですね」と笑いながら仰いました。
弦が2本しかない二胡だと、使うのは内弦、つまりD線なので。

二胡の曲にもそんな一本の弦だけで演奏する曲があります。
劉天華の曲 独弦操(憂心曲)

この曲は二胡の内弦、つまりD線だけを使って弾きます。
ずっと、私もいつかは弾けるようになりたいと思っている1曲です。


曹さんのコンサートの後、この曲が入ったCDを買って
サインと握手をしてもらって帰りました。
曹さんのは割りとさっぱり系の独弦操でした。

こちらは大好きな孙凰の独弦操




少しずつ練習していますが、難しいです。



[PR]

by maya653 | 2015-10-08 18:11 | 二胡 | Comments(0)

当てて弾く   

今の師匠 太田久遠先生に習うようになって以来
ずっと頭の隅っこにあるのがこの『当てて弾く』という言葉。

光明行の出だしの音を弾くとき、はじめて先生から言われた。
「弓を弦にしっかりと当てておいてから弾く」ということ。
ある二胡友に、それを教える先生はなかなかいないよ
いい先生についたね、と言われたことがある。^^v

普通よく言われるのは「弓は力を抜いて~」ということだが
それは恐らく初心者がやりがちな力を入れて弾くとギギギという
ノコギリの音になってしまうから、力を抜いて~ということになったのかもしれない。

改めて太田先生のHPに書かれていることを見てみると
こう書かれていた。

久遠二胡教室では、
・常に弓で弦をしっかり捉えて音がかすれない事を一番とし、
・将来の進歩に繋がる左手のフォームの安定性、リセット感、ポジション感、
・呼吸による両手と気持ちの連動
・音と音の繋ぎ、音の尾から頭の処理、
を大事にします。


最初に書かれている弓で弦をしっかり捉えてという言葉こそが
先生の仰りたい「当てて弾く」なのだと、改めて理解した。

更にHPには、こうも書かれている。
呼吸と両手の連携がすべての鍵、いろいろな例えを通して両手の連携を身に着けます。

右手と左手の連携・・・そうだな~とつくづく思う
左手に例えばポジション移動が入ったりすると
たちまち右手がお留守になって、妙な運弓になってしまっている。

あーそうなんだ~そうなんだ~
とまずは気付くところからのスタート。

ようやく自分と上手な人の違いがどこなのか、ほんの少しだけど
見えてきた気がする。
見えてきたから出来るかというと、それは別物だけど
一歩ずつ・・・。

そんな我らが太田久遠先生のコンサートがあります。

11月28日(土)@目黒中小企業センターホール

今回のコンサートは先生が天津留学から帰国して10年という節目にあたり
今まで以上に濃い~内容になります。

a0335262_21302776.jpg


ぜひ是非みなさま足をお運びくださ~い!
[PR]

by maya653 | 2015-09-29 21:34 | 二胡 | Comments(6)

Hさんを探せ!   

二胡友のお師匠さん曹雪晶さんのコンサートへ行って来ました。

曹雪晶さんといえば、じつは以前から愛読しているブロガーさんのお師匠でもあり
そのブログがとてもとても面白くて、ぜひぜひそのブロガーさん(Hさん)にも
お目にかかりたい!と思っていたので、めったにないチャンス!

今日は、曹雪晶さんの二胡と同じくらいHさんにお会いする楽しみで
わくわくしながら出かけました。

まずは曹雪晶さんの演奏から。。。

光明行に始まり、金髪のジェニー、G線上のアリア、そして病中吟・・・と
ジャンルを問わず、どれも音色が美しい~♪
特に演歌の「悲しい酒」は無伴奏で、しっとりと聴かせてくれました。

第二部の チャルダッシュ、シンドラーのリスト、葡萄熟了 もよかったな~
やはり二胡って弾き手の性格、個性を反映しますね。

恐らく気負いのない、穏やかで素直な性格の方なのではないかと
お見受けしました。

握手してほしくてCD買っちゃいました。(*´∇`*)
好きな中国曲がいっぱい入っていたのでこれにしましたが
曹さんかなりお若い頃のCDのようです。

a0335262_2236727.jpg


そしてもうひとつの案件、「Hさんを探せ」ですが・・・

Hさんのブログにはさりげなくご本人の3つの目印が書かれていたのですが
一番わかり易い「〇〇のネックレスをしている」を頼りに
私たちHさんブログファン一団は、会場中を目を皿のようにして探しました。

休憩時間に「入口付近にそれらしい人がいた」と聞けば、すぐさま確認に飛んでいきました。
が、めぐり合えず、肩を落として、席に戻りました。

もぉ途中から、今日の目的が、曹さんの二胡演奏なのか
Hさんにお会いすることなのかわからなくなってきました。^^;

そして演奏が終わり、アンコールの賽馬も終わりいよいよ会場を出て・・・・
曹さんのCDを買って握手とサインをしてもらい、ふと振り返ったその瞬間!

ああああ!!  あの人だーー!きっと ぜったい まちがいない!!

と叫びながらも 恐る恐る傍へ行き
「あのぉ・・もしやHさんではないでしょうか~?」とお声をかけました。

我々ブログファン一団に取り囲まれたHさん
「はい そうです」とにこやかに答えてくれました。ヾ(@^▽^@)ノ ワーイ

その後、Hさんとお茶してお話してみると、
ぬわんと、まんざら知らない仲ではなかったんですね的な話やら
二胡友の同門としてのお話やらで、夢のような時間を過ごしました。

いや~素敵な一日でした。
それにしても二胡の世間は狭い。
[PR]

by maya653 | 2015-09-22 22:33 | 二胡 | Comments(0)

敬老会で二胡演奏   

いつも私たち「二胡の集いin東京」に練習場所を貸してくださっている
都内の施設で開催された『敬老会』で
二胡を披露させていただきました。

・朧月夜~祈り
・浜辺の歌
・童神
・蘇州夜曲
・ピンジュイ

以上5曲でしたが、MCを入れても20分足らずで
あっという間の舞台でした。

ソロ演奏のような緊張感もなく、のびのび弾けた。
やっぱり合奏は楽しい!

でも今日までの打合せ、練習、衣装決めなども
わくわく楽しい時間でした。

お年寄りの皆さんにも喜んでいただけたようで
私たちにとっても嬉しい一日でした。
ありがとう(*´∇`*)

a0335262_2141072.jpg


<ここからは番外編>
会場に着いてまず控え室的なお部屋へ向いました。
少し遅めに到着した私は、鍵を預かり最後にその部屋を出ることに・・・

ところが、出ようと思ったら鍵がない!
もう焦りまくって、自分の鞄の中やズボンのポケットやらを探しまくったが
見つからない。
うわあーーどーしよーーこれから音だしとか練習とか着替えとかいっぱい
あるのに。。。(ノ_-;)ハア…  と汗たらたら

そこへ どうしました~?と入ってきたNさんがすぐにみつけてくれました!
目の前のたたまれた布団の上にポンと。

  ********

鍵のかかる部屋をふたつお借りして
一方は女性たちが もう一方は男性たちが着替え用に使うことになりました。
で、私たちが着替えていると・・・突然ドアが開いて。。。。
「おっと、しつれい!」って。

ぬわんと お隣の男性が使う部屋と私たちが使う部屋は
襖一枚で繋がってたんですね~
そうとは知らず、襖を開けて両方の部屋をひと部屋だと思って
着替えてました~~^^;;;

私は幸いスカートに履き替えてたけど
ちょうど下半身が丸出し状態だったUさん
「ひょえ~」って焦りまくってました。

見られた?よね?

そんなドタバタもなんのその。
その後着替え終わった皆さんの晴れ姿は
アオザイやチャイナドレスがとっても素敵でした~

あっ!写真撮るの忘れた。^^;
[PR]

by maya653 | 2015-09-21 21:17 | 二胡 | Comments(4)

二胡合宿で「彩雲追月」   

昨日は秩父方面で太田二胡教室の合宿がありました。
私は昨年同様日帰り参加でしたが、次回はお泊り参加できるかな~

昼前に秩父駅に集合し、そのまま宿のお迎えバスで
宿所有の音楽ホールまで移動。
まずは簡単なお弁当を食べながらの自己紹介から始まりました。

生徒といっても個人レッスンの人や神奈川や茨城でのグループレッスンの方もいるため
普段は会うこともない同門の面々が顔を合わせるとてもいい機会です。

その後いよいよ本題の練習時間です。
様々な工夫を凝らした基礎練習法を教わったり、滑音の話。
ひとくちに滑音といっても、たくさん種類があって、マスターするには
相当な時間を要することでしょう。

基本的な練習曲をパートごとに分けてやったり
2つの曲を、パートに分けて練習しましたが、時間切れ。
先生の指導が熱心すぎてw時間が足りなかった~^^v
バスで宿に向いました。

お風呂に入ったりちょっとおしゃべりしたりと自由な時間を過ごしたら
いよいよ宴会の時間です。
去年はこの時に突然窓の外は嵐になって大変でしたが今年は大丈夫。

皆で美味しく呑んで食べて、ワイワイ賑やかに。
生徒が演奏したりもあり、私も5人で、時間切れになった曲を演奏しました。
その曲は『彩雲追月』

さあ、弾き終わるやいなや頼んでいたタクシー到着~!
日帰り組みは帰りの電車の時間があるので
名残惜しかったけど、バタバタと急いで宿を後にしました。

本当に楽しい合宿でした。また来年ね~!(*´∇`*)

『彩雲追月』 途中聞き覚えのあるメロディが聞こえますよ^^


[PR]

by maya653 | 2015-09-06 19:14 | 二胡 | Comments(4)