カテゴリ:二胡( 62 )

 

閑居吟

今年初の二胡レッスン日。
最近ちょっと中だるみ気味で、これを弾きたい!という曲も特に無く。。
とりあえず二胡検定標準曲集を持参して出かけました。
私の前の人がまだレッスン中だったので、別室で少し待っている間に、
昨夜、同門の人がやってみてとても気に入ったとSNSで紹介してくれた
『閑居吟』という曲を、ちょっと弾いてみました。

なんか退屈な曲だとか、繰り返しが多くて眠くなるとかいうウワサはなんだったの?
きっと曲名からのイメージなのかもしれない。。。などと思いながらレッスンへ~

そして先生と雑談の中から、じゃあそれやってみましょうということになりました。
なんだかいつもこんな感じで練習曲を決めちゃってる感じなんですけど~~^^;

で、いきなり初見で「はい弾いてみて~」って言われ@@;;
弾き始めると、先生が傍から私の楽譜に、どんどんトリルの印を書き込んでいく。
ふむふむ、、とトリルを加えながら弾いてゆく私。。
中国曲によくある、楽譜どうりに弾くのは易しいが、表現するのは難しい
という類の曲のようです。

でもやっぱり中盤には苦手なテンポの速い部分もあるので
果たして最後まで弾けるかどうか。。
結局、退屈どころか、意外と変化に富んだ 弾くには楽しい曲のような気がしたので
新たな課題曲にすることにしました。



『閑居吟』(xian ju yin シェンジュイイン)
劉天華が1928年に創作した曲です。当時、劉天華は音楽界の仲間たちと「北平音楽学院」の創設を提起し、意気揚々としていたころでした。そのため、この楽曲は、明るい情緒に溢れ、事業が順調であったころの楽観的な気持ちが表現されています。が、その一方で、劉天華の心の奥深くに潜む鬱屈した気持ちが感じられる箇所もあります。
曲は五つの段に分かれ、メイン部分である第1、3、5段に、異なる曲調の第2、4段が挿入されています。メイン部分のメロディーはゆったりとしていて、抑揚があり、変化に富んでいます。第2、4段の挿入部分は、活発ではずむようなメロディーとなり、メイン部分との対比を成しています。この楽曲には琵琶や古琴のハーモニクスの演奏手法を取り入れており、ハーモニクスと開放弦の音色が巧妙に組み合わさり、曲に深みを与えています。

(※ジャーパンシンさんの楽曲紹介より出典)

[PR]

by maya653 | 2016-01-13 15:05 | 二胡 | Comments(0)  

弦の交換

二胡の弦を交換しました。
昨年の1月、レッスンの時に先生に変えてもらって以来なので1年ぶり。
来週からレッスン始まるので、今年はその前に自分で変えました。
自分で弦の交換をするのは3度目ぐらいかな?
でもちっともスムーズに出来なくて今回も30分ぐらいかかってしまった。
どんだけ不器用なんでしょ・・・(ノ_-;)
a0335262_13582247.jpg
弦には色々な種類があるけれど、前の老師の勧めで使って以来ずっとコレ。
紅龍(レッドドラゴン)というドイツ製の弦です。(PIRASTRO)
他のメーカーのも試してみたい気もするけど、なんとなくこれでいいかな~と。
弦と駒と千斤によって・・・・または、その組み合わせによっても音色が変わるそうですが
私にはよく分からない世界です。
拘る人はいろいろと研究されていて詳しいですけどね。

それにしても1年前の先生のお仕事がいかにキッチリしたものだったことか!
最初に前の弦を外そうとしたけど、これがシッカリ巻かれていて外すのに大苦戦。
アイタッ!
a0335262_14081888.jpg
と思ったら、弦の先が親指に刺さって、流血~~~(T△T)

あれ?アジャスターって上下あるんだっけ?とか首をかしげながら悪戦苦闘。
それでもなんとか無事交換できた!
女房と畳は・・・ではなくて、二胡の弦も新しいのがいいですね~^^
気持ちも新たに、もちろん二胡の弾き初めやりましたよ~ん(≧m≦)

中国曲は難しくて投げ出したい気分の時もあるけれど
やっぱり今年も中国曲を頑張ろう!
歩みはのろくてもいい。じっくりと自分のものにしていけたら嬉しいです。(*´∇`*)

[PR]

by maya653 | 2016-01-06 14:20 | 二胡 | Comments(2)  

二胡弾か~イベント♪

以前から一度参加したいと思いつつ、
なかなか勇気がなくて参加できなかったイベントに初参加しました!
会のネーミングも面白くて『二胡弾くデ~ぃ』 と 『二胡弾かナイトぅ』
昼間開催Ver.と夜開催Ver,があって、会場も初めは新宿だけだったのが
今や、埼玉と横浜でもやっている。
そもそもはプロ二胡奏者のこたにじゅんさんが、教室もジャンルも越えて
二胡好きが集まって、もっと二胡を楽しみ、二胡で遊ぼう!と
始められた会だと記憶しています。
この会は、人前でソロを弾くという経験ができる場でもあります。

そんなこんなで、前置きが長くなったけれど、いざ!武者修行へ~的な気分で
出かけていきました。
今回参加したのは、埼玉Ver.で、しかも忘年会を兼ねた昼~夜までの長丁場。
もちろん途中で帰ってもいいのですが、私は全部参加しました。

何を弾こうか・・・迷いに迷って(なんせまともに弾ける曲がほとんど無いorz)
台湾POPSから『追夢人』という曲にしました。
古い曲だけど、少し前にYouTubeで見て気に入り、
たまたま楽譜と伴奏音源が入手できたので、それに決まり~♪


同門の方が2人いたのと、SNSでの知り合いもいたおかげか
意外なほど緊張感少なく演奏することができました。
そして、忘年会へ~
美味しいワインの持ち込みや、他にもスイーツやお手製おにぎりや
餃子やから揚げが並び、わいわい賑やかにお喋りも楽しみ・・・
二巡目が始まりました。
ひゃ~どーしよう~~と悩んだ挙句
思い切って中国曲の『山村変了様』にチャレンジしました!

いや~初参加のくせに、なんたる厚かましさ!?
というか、失敗しても大丈夫だよ~という皆さんの優しい眼差しに甘え
チャレンジしました。
しかも「途中の繰り返し部分は省略しま~す」なんて言っちゃうし~
皆さんの笑いをかってしまいましたが、それでかえってリラックスできた気がします。

いつも参加の方々をはじめ、上海から帰国したばかりの方や
セミプロの方、そしてこたにじゅんさんも参加され、
みなさんの素晴らしい演奏に魅了されました。
こたにさんが生徒さんたちと弾かれたオリジナル曲も素敵だったし
「サザエさん」も楽しかった~♪

気が付けば外は真っ暗。
6~7時間もの時間が過ぎていました。
でもとっても楽しかったです。(自分の演奏以外w)
夜は疲れ果てて爆睡でした。(≡^∇^≡)ニャハハ

今までで最多の参加人数だったそうで、
幹事役のMさんはじめ皆さんには大変お世話になりました。
有難うございました。
そしてまたよろしくお願いします。(*´∇`*)
a0335262_1163147.jpg

[PR]

by maya653 | 2015-12-07 11:12 | 二胡 | Comments(0)  

太田久遠二胡コンサート♪

フィギュアスケートNHK杯で、羽生結弦選手が世界最高得点を出して優勝したこの日。
我らが太田久遠先生の「天津留学後10周年記念コンサート」が行われました。
a0335262_9593187.jpg10周年記念ということで、昨年にも増して盛りだくさんな内容でした。
出演者も、先生以外に、尺八の金子朋淋枝さん・楊琴の李倩さん・
古筝の李娜さんに、今回オリジナル曲をお願いしたピアノの高橋涼さん・・・という豪華な面々。
それぞれの楽器のソロ演奏もありました。

a0335262_9544044.jpg尺八の金子さんは、なんと!虚無僧姿で舞台下からの登場だったそうです。
だったそう・・・と言ったのは、実は私は裏方で動いていたため
前半の第一部は残念ながら客席から見ることができず
外に洩れ出る音だけを楽しみました。

私は去年の先生のコンサートで、初めて二胡と尺八のコラボを聴いたのですが
その時金子さんの尺八にすごく感動しました。
たった5つ?の穴しかない尺八にこんな多彩な音色が出せるのか~!と
尺八のイメージががらりと変わったのを覚えています。
そしてMCでも先生のちょっとぽわ~~んとしたボケに金子さんの絶妙なツッコミが可笑しくて
会場を明るい笑いで包んでくださったと思います。
a0335262_1082774.jpgプログラムには書いていなかった『独弦操』を先生のソロで聴けたのは(外でだけど)
すごくよかったです。やっぱり今度の課題曲はこれにしてもらおうかな~001.gif
a0335262_10144494.jpg
突然帽子を被り、”ウォーリーを探せ”のウォーリーみたいないでたちで現れた先生が演奏したのは
「インディージョーンズ」のテーマ曲でした。
ハリソンフォードのつもりだったのね(^_-)-☆
先生これを携帯の着メロにしているとかで、お気に入りのようです。
a0335262_1017138.jpg
 ※photo by みかさん
お客様の嬉しい感想がたくさんいただけました(アンケート)
先生の人柄が随所ににじみ出た、アットホームな雰囲気のコンサートでした。
私も微力ながら、こんなに素晴らしいコンサートのお手伝いができたことを
とても嬉しく思います。

[PR]

by maya653 | 2015-11-30 10:21 | 二胡 | Comments(2)  

ウェイウェイウーコンサート♪

日本では一番有名かもしれない二胡奏者ウェイウェイウーのコンサートに行きました。
この日がファイナルとあって、初めて行く私の席は前から2列目のほぼ中央という
かぶりつき席! わくわくしながら開演を待ちました。
a0335262_12175974.jpg

いきなり客席の左端に登場したウェイウェイはまるで
花嫁衣裳のような真っ白な衣装に、赤い髪飾りが華やかで
しかも可愛い~♪a0335262_12204778.jpgそういえば、心弦(ウェイウェイ二胡教室)の発表会でもこんな登場でしたっけ。
観客をびっくりさせるのがお好きなのかも~。
今回初という「心弦」からの4人が伴奏で舞台に上がっていました。
先生と同じステージで演奏できるの嬉しいだろうな~とか思いながら見ていました。
そういえば、今週末の太田久遠先生のコンサートも
生徒たちの合奏隊が登場します。(*´∇`*)

a0335262_12275316.jpgコンサートは4月に発売されたCD『weiwei's Anthology』の収録曲中心に
演奏されました。

時々ダジャレを交えながらのトークも面白かったし
ご両親が会場に見えてるとかで、中国語も時々混ぜてました。
来年で来日25年になるというウェイウェイウー。
初めて日本へ来た時の思い出や、これからの事、たくさん話してくれました。
とにかく明るい、可愛い、そして元気いっぱいで
会場中を歩き回りながら演奏する場面もありました。

「Smile」を中国語で歌も歌ったり、そうそうジブリメドレーで「さよならの夏」も聴けました。
あのドラマのテーマ曲『仁』 や、定番の『情熱大陸』もよかったです~(*´∇`*)

今練習してる「新天地」もやってくれるとよかったんだけど、残念でした。


[PR]

by maya653 | 2015-11-24 12:41 | 二胡 | Comments(2)  

胡琴重奏

Xeno Quartet + ゼノ・カルテット プラス は、
神戸出身の鳴尾牧子さんをリーダーとして2012年結成。
二胡・中胡・革胡という音域の異なる古琴類に、パーカッションを加えた編成で
演奏技術を駆使した迫力あるアンサンブルを目指すグループ。
a0335262_20252681.jpg

会場は御茶ノ水のイタリアンレストランLEMON
その素敵なインテリアと美味しい食事を楽しんだ後ライブのスタートです。
なんと、私の席はど真ん中の大きなテーブルの一角。
同じテーブルにパーカッションの人が楽譜を置いているという
なんとも面白い状態。
目の前にメンバーがいて、遮るものはなにもないという
多分一番いい席だったのでは。(西野さん 多謝)
a0335262_2035295.jpg

この曲からスタートです。『Misirlou Twist』

サンサーンスの交響詩『死の舞踏』 や 
Deep Purpleの『Highway Star』もやっちゃうし
唯一の中国曲は『新賽馬』 ~最後の革胡の嘶きは「もぉ~~」と牛だった。(ノ∇≦*)

Michael Jackson の『Smooth Criminal』では立ち上がって横を向いたと思ったら
傾いたのは二胡!というオチもついて、クスクス(*^m^)   a0335262_1061194.jpg
とにかく、カッコいい! 超絶ウマイ!
ジャンルを問わず、確かな演奏技術と独自のアレンジで
時にユーモアを交えながらのパフォーマンスに
すっかり魅了されました。
ゼノカルのメンバーとパチリ。
a0335262_2173360.jpg

次に東京で聴ける日には、またきっと!
世界ツアーも夢じゃない!!?(*^▽^*)
[PR]

by maya653 | 2015-11-08 21:03 | 二胡 | Comments(0)  

公園二胡

秋晴れの一日、ようやく念願叶って、初めての「公園二胡」!
都内のとある公園に、お弁当持参で集まった二胡仲間たち6名。
a0335262_20223686.jpg


まずはピクニック気分で、シートを敷き、各自持参したお弁当を広げます。
美味しそうなものがたくさん並んで、思いのほかゴージャス!^^
たくさん買ってきてくれたメンバーのTさん、ごちそうさま~!
わいわい賑やかにおしゃべりも弾みました。
a0335262_20442454.jpg


お腹がいっぱいになって、お日様ぽかぽかだしお昼ねしたいね~なんて言いながらも
やっぱり二胡大好きなみんな、二胡を取り出し調弦を始めました。
いつもみんなで合奏してる曲を数曲弾きました。
屋内と違って、開放的な気分で弾く二胡はまた格別の楽しさがあります♪
a0335262_20323032.jpg
                           photo by 村長さん
途中、立奏もしてみたり~
日陰が寒くなったので、日の当たる場所に移動したり~
と、楽しい時間は過ぎてゆき。。
予定の時間を軽くオーバーし、夕日の射す公園を後にしました。

超楽しかった~!(*´∇`*) 
[PR]

by maya653 | 2015-11-03 20:40 | 二胡 | Comments(0)  

甘建民二胡学院の発表会へ

いつの間にか季節は巡り、暑かった夏の記憶が消えすっかり秋、11月となりました。
霜月というだけあって、朝晩寒さを感じます。
そのせいか昨日は突然の腰痛。 梅雨以来なので、やはり冷えからきてるのかも。
秋は二胡の発表会も多くて、毎週末都内のどこかで発表会。
今朝も少し痛みの残る腰にシップを貼って、出かけました。

a0335262_21153863.jpg


甘建民さんは二胡友の間では王子とよばれている甘く優しげな風貌のお方。
とても50代には見えません。
発表会では50名近い生徒さんがほぼソロ演奏されるというから長丁場になりそうです。
初めは二胡友さんの応援に行くつもりで、後半に行って、講師の演奏を聴いて帰るつもりでしたが
事前に入手したプログラムを見ると、第一部から聴きたい曲がイッパイ!
結局、早めに出かけて4番目の方の演奏から聴きました。
a0335262_11435870.jpg
4「紅楼夢」ドラマチックで大好き。 
12「二泉映月」を2人で弾くのは初めて見ました。  
16「月夜」そろそろ練習したい曲です。  
17「赶集」一度やりかけて放り出した曲ですがやっぱり弾けるようにしたいな。。
20「チャルダッシュ」なんと弾いたのは可愛い女の子でした。 
第一部~第二部へと次第に難しい曲が多くなります。
29「蝋燭揺紅」忘れもしない私が5月の発表会で弾いた初めてのソロ曲。
そして、31「山村変了様」は今練習中の曲でもう3ヶ月近くやっています。
やはり自分が弾いた曲というのは、自然と力が入るし、一緒に弾いてる気持ちになります。

a0335262_11471551.jpg
第二部の最後は甘建民さんと6人の生徒さんたちによる合奏で 34「菊花台」
ピアノ伴奏でアレンジもよくて、元々大好きな曲が一層素晴らしくて聴き入りました。

そしていよいよ第三部で、難曲が続きます。
もちろん演奏する生徒さんも実力者揃い。
35「江南春色」 を演奏するのは二胡友さん。
私を含め、何人もの二胡仲間が応援しました。
落ち着いていつものように弾けていたと思うのですが、本人はいかに?^^

39「賛歌」はいつも拝見しているブロガーさんによる演奏でした。
もちろんお顔を見るのも初めてでしたが、なかなかの美人さんで、
演奏もお上手でした。

と、、、ここまで聴いたところで、なんだか疲れてしまい帰ることにしました。
本当は最後の講師演奏までいたかったのですが
甘さん中国曲ではなく、オリジナル曲弾かれるみたいだったし、またの機会に~と。

これからすごい曲の演奏が始まるというときに席をたつ人はいなかったのだけれど
サッと席を立って外へ出ると、甘さんご本人がいらっしゃって。。
思わずお声をかけてしまいました。
甘さんはとてもにこやかに優しくお話をしてくれて本当に好印象でした。
一緒に写真撮らせてもらえばよかったかなあ~^^

いい発表会でした。また来年!(*´∇`*)

追記:楊琴の李倩さんは太田先生ともよく一緒に演奏されていて
11月28日のコンサートでもご一緒されます。
私もこの方の楊琴の音色は優しくて大好きです。
[PR]

by maya653 | 2015-11-01 22:14 | 二胡 | Comments(4)  

こたにさんちの発表会

秋はコンサートや発表会で忙しい。
今日は”こたにじゅん二胡教室”の発表会へ行って来た。
a0335262_20530378.jpg
こたにじゅんさんは、他の二胡奏者とは少し経歴が違っていて
中国の文化や音楽から二胡に入った人ではなく、
二胡の音色そのものに惹かれ興味を持って二胡を始めたという。
中国曲ももちろん演奏されるが、J-POP@二胡の人といったイメージが強い。
実際「アカラ」という二胡ユニットでの活躍もされている。

曲目も演奏順もかなり自由な感じで、ちょっとユニークだけど楽しかった。
もちろんここでも葡萄熟了弾いた人2人いました。
総勢25名のソロ演奏と、合奏2曲。

「チャルダッシュ」「三門峡長想曲」「奔馳在千里草原」などの難曲もあれば
「ロミオとジュリエット」「あの日にかえりたい」「蘇州夜曲」などなど・・
二胡仲間の「光明行」も聴けたし。^^
みなさんの努力の跡がしっかり見えて、たくさん感動いただきました。

会場に来ていた元同門の人や二胡つながりの知った顔がちらほら。
ネットでのお付き合いだった人とのはじめましてのご対面も嬉しかった。


[PR]

by maya653 | 2015-10-12 21:20 | 二胡 | Comments(0)  

葡萄熟了

今年の秋も二胡教室の発表会などで、何度も耳にしたこの曲。
葡萄熟了(プータオシュウラ)は周維が新疆ウイグル族の音楽をもとに作った
とても有名な曲です。
人々が葡萄の収穫を祝って、歌ったり踊ったりしている様子が
活き活きと描かれていて、私も大好きです。
11月の太田久遠先生のコンサートでも演奏される予定です。

作曲した周維ご本人の演奏で



[PR]

by maya653 | 2015-10-11 22:31 | 二胡 | Comments(2)