カテゴリ:二胡( 58 )   

二胡合宿で「彩雲追月」   

昨日は秩父方面で太田二胡教室の合宿がありました。
私は昨年同様日帰り参加でしたが、次回はお泊り参加できるかな~

昼前に秩父駅に集合し、そのまま宿のお迎えバスで
宿所有の音楽ホールまで移動。
まずは簡単なお弁当を食べながらの自己紹介から始まりました。

生徒といっても個人レッスンの人や神奈川や茨城でのグループレッスンの方もいるため
普段は会うこともない同門の面々が顔を合わせるとてもいい機会です。

その後いよいよ本題の練習時間です。
様々な工夫を凝らした基礎練習法を教わったり、滑音の話。
ひとくちに滑音といっても、たくさん種類があって、マスターするには
相当な時間を要することでしょう。

基本的な練習曲をパートごとに分けてやったり
2つの曲を、パートに分けて練習しましたが、時間切れ。
先生の指導が熱心すぎてw時間が足りなかった~^^v
バスで宿に向いました。

お風呂に入ったりちょっとおしゃべりしたりと自由な時間を過ごしたら
いよいよ宴会の時間です。
去年はこの時に突然窓の外は嵐になって大変でしたが今年は大丈夫。

皆で美味しく呑んで食べて、ワイワイ賑やかに。
生徒が演奏したりもあり、私も5人で、時間切れになった曲を演奏しました。
その曲は『彩雲追月』

さあ、弾き終わるやいなや頼んでいたタクシー到着~!
日帰り組みは帰りの電車の時間があるので
名残惜しかったけど、バタバタと急いで宿を後にしました。

本当に楽しい合宿でした。また来年ね~!(*´∇`*)

『彩雲追月』 途中聞き覚えのあるメロディが聞こえますよ^^


[PR]

by maya653 | 2015-09-06 19:14 | 二胡 | Comments(4)

平湖秋月♪   

後半は雨が多くて、出歩くこともなくのんびり過ごした8月もあとわずか。
9月はなにかと忙しいが、まずは二胡教室の合宿がある。

合宿での課題曲のひとつ『平湖秋月』 は高胡の曲らしい。
先生が高胡をやって、私たちは二胡で2部をやる予定だ。

日本の「荒城の月」なんかを思い浮かべてたら
なんだか高胡の音がやけに明るくて・・
名前から想像してたのとだいぶイメージが違う。

動画見ながら楽譜を追っていてもなんかよく分からん。
楽譜にはない装飾音がいっぱい使われてるのかな。

なんかさっぱり弾ける気がしないのでした。(>_<;)




[PR]

by maya653 | 2015-08-29 15:28 | 二胡 | Comments(2)

山村変了様   

昨日は久々な感じの二胡のレッスン日でした。
前々日に大分の中津でコンサートジョインしたばかりの先生。

中津の話や博多のお土産話にしばし花が咲きまして、
なかでも天津と書いてアマツと読む土地の話では
先生が留学していた中国の天津と重ねて盛り上がりました。

なのに今日、天津で大爆発事故のニュース!
夏休みで先生のご家族が天津に帰省中なので心配しましたが
大丈夫だったそうで、ほっとしました。

なんかこの頃、日本でも中国でもいいニュースより悪いニュースばかりが
目に付いて、気が重いです。

さて、レッスンは、数日後に参加予定の二胡の講習会のテーマ曲「三六」の話に始まり、
いきなり、先生が「ろうそく、弾いてみましょう」って振られて、あたふた。
ちっとも進歩してない自分にガッカリ。
やっぱり日頃から、地道に練習を重ねないと、自分のものにはならない。

それが終わって、さて次の課題曲は何にしましょう♪

じつは5月の発表会で、揚琴とのリハーサルの時に、
私の前にHさんという男性が弾いたのをドア越しに聴いていて、
いたく気にいった この曲にしました。

『山村変了様』(シャンツゥンビェンラヤン)
曾加慶が1950年代に作った二胡の曲で、1960年代に流行。
素朴で美しいメロディーで江南の山村の美しい風景を描いている。
とあります。


[PR]

by maya653 | 2015-08-13 16:07 | 二胡 | Comments(2)

”二胡の集い”納涼会   

昨日はカラオケで二胡の集いの納涼会を開きました。
相変わらずの猛暑の中、二胡を背負ったメンバー14名が集まりました。

各自1品持ち寄り、ということでテーブルの上は、ビールはじめ日本酒、ワイン、茅台酒という
各種お酒の他、手作りのおつまみや韓国のちぢみ、スモークチーズやマリネなどでいっぱいに。
デザートもドーナツに人形焼、手作りの桃のデザートなど、盛りだくさんで国際的~♪

来月「敬老の日」に予定されているミニコンサートの曲目を話し合ったり、
新しく入られた中国人メンバーとの二胡談義など、
呑んで食べて、3時間程大いに盛り上がりました。

定例会同様ソロの時間となり、くじ引きの結果、なんと私は1番に弾くことに~^^;
実は2週間ほど二胡を触っておらず、何の準備もしていなかった私でしたが
ほろ酔い気分で弾いたのは発表会で弾いた『烛影揺紅』 

くじの順にソロの時間が続きました。
「夜のフェリーボード」「葡萄熟了」「恋舞」「夏夕空」「女人花」「君をのせて」
「最初から今まで」「童神」「知道不知道」「少年時代」「蘇州夜曲」
「ロシア民謡 コザックの子守唄」「空山鳥語」

初の1番だったけど、サッサと弾き終わって、あとは聴くだけ~ってのもいいもんだ。^^

余った時間で、せっかくのカラオケだから歌もOK!てことになり。
またしても1番の私はコーラスでも歌っている『Smile』を歌いました。
中国語の歌を歌った人も数名いたり、『イカ大王体操第二』を歌ったりで
わいわい大盛り上がり。

いつも二胡で弾いている『くにぶん木の花』がカラオケにあることがわかり
みんなで歌ったけど、改めていい歌でした~♪

あっという間の5時間。楽しかったなあ。(*´∇`*)


a0335262_12534482.jpg

[PR]

by maya653 | 2015-08-10 09:30 | 二胡 | Comments(8)

素晴らしい発表会   

有名な二胡奏者、姜建華(ジャン・ジェンホア)さんの生徒さんたちの発表会がありました。

ジャンさんご自身の演奏を聴いたことがあったので
ぜひ一度その生徒さんたちの演奏を聴いてみたいと思っていたし
二胡友さんが2人出演するので、とても楽しみに出かけていきました。

a0335262_23532588.jpg


プログラムの曲目にまずビックリ。
難しい曲のオンパレードです。

ソロ演奏が13曲。 
「春詩」「二泉映月」「江南春色」「葡萄熟了」「グリーンスリーブス」「藍花花叙事曲」
「チゴイネルワイゼン」「江河水」「歓楽歌」「秦風」「洪湖人民的心願」「豫北叙事曲」
「ハバネラとジプシーの歌」

合奏が3曲。
「慢三六」「花鼓調」「草原新牧民」

こんな曲を合奏できるとは、恐らく初級レベルの生徒さんは参加していなかったのだと思います。
が、それにしても凄すぎる~!

【それぞれの音色】と銘打った発表会だけあって
どの方も完全に曲を自分のものとして、演奏していましたし
それぞれの個性がはっきりと表現されていた気がします。

もう自分の二胡とは全く別次元で、ただただひとりの観客として
演奏に聴き入ってしまいました。
発表会というよりは、完全にコンサートでした。

皆さんの衣装もとても素敵で、魅せられました。
2時間半、二胡を堪能させてもらいました。

終了直後のほっとした皆さんの様子です。
a0335262_064312.jpg

[PR]

by maya653 | 2015-07-26 00:11 | 二胡 | Comments(0)

長相思   

今日から7月。文月(ふみづき)の由来は七夕に歌を詠む風習からきてるとか。
七夕は奈良時代に中国から伝わったそうだが、願い事を紙に書いて笹の葉に
飾る、というのも元は願い事というより歌だったのかもしれない。

一年の半分が過ぎてしまったわけだが、本当に歳を取ると時の過ぎるのが早い。
その上、何をするにもどんくさくて時間が掛かるからなお更一日がすぐに終わる。(笑)

そうだ!この時期しか飾れない母手作りの壁飾りを出さなくちゃ~(遅っ)
もう指も自由に動かせなくなってこんな手仕事もすっかり出来なくなってしまった母だけれど、
作ってくれた数々の作品は大切にしたい。
a0335262_11353509.jpg

8月のやまびこ納涼祭に向けてコーラスとカルテットの練習をしなくちゃならないのに、
新しい曲はなかなか覚えられなくて大変。
ちょっと息抜きに二胡を取り出し・・今弾きたいと思っているのは
大好きな朱昌輝さん作曲の『長相思』という曲だ。



唐の時代の詩人 李白の『長相思』を元に作られたのかどうか知りませんが。
もしそうだとすると・・・

忘れられない遠い遠い思い出
君のいない世界は 色の無い寒々しい世界
花のような美しい人は遠い空の雲の向こう
夢路にさえも君とは会えない 
孤独の心は千々に砕かれ 傷だらけだ・・・

とまあなんとも暗い哀しい詩なんだけど、
美しい~♪



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by maya653 | 2015-07-01 12:15 | 二胡 | Comments(4)

採花 (ツァイ ホア)   

二胡の発表会が終わってからというもの、有名な曲やいわゆる大曲といわれるものに手をつける気がしない。
チャレンジ精神が完全に失われてしまった感じで、自分でもあまり苦労せず弾けそうな曲や、
面白そうな曲や、よく知ってる日本の曲ばっかり弾いて遊んでいる。

そのうちむくむくとやる気が起こってきたらやればいいや~とか
まあそんな時もあるさ~ とか 楽しければそれでいいし~とか・・・
どこまでも自分に甘い。

で、先日「二胡の集い」で弾いた曲が『採花』という曲。
四川民謡で、1月から12月まで、毎月何々の花を摘むという歌詞がついている。
という説明がついていた。
元々はどんな民謡なんだろう?との興味から探してみた。

これが多分原型に近いんでしょう。



これはもう少し歌謡曲っぽく。







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by maya653 | 2015-06-27 14:38 | 二胡 | Comments(0)

牧歌   

昨日の二胡レッスンでやった曲は『牧歌』という中国曲。
モンゴル民謡を朱昌輝さん編曲の楽譜を使ったのだけど
いかんせん、リズムがむちゃくちゃ取りずらい。
いや最近トミにリズム感が悪くなっている私ではありますが、それにしても
4拍子になったり3拍子になったりが1小節ごとに変わるって、どゆこと?
でもモンゴルの大平原を思い浮かべる伸びやかなこの曲、けっこう好きです。
動画があったので載せて見ます。



こちらは二泉胡で弾いてらっしゃいます。
途中ちょっと楽譜とはリズムが違ってたりしますけど、
とても雰囲気があっていいんじゃないかな~
 


元々モンゴルの民謡なわけだし、
あまり楽譜どうりに弾こうとしなくてもいいんじゃないかと
先生もそんな風に仰ってましたし。(^_-)-☆
[PR]

by maya653 | 2015-06-23 11:17 | 二胡 | Comments(0)

これでいいのかな   

以前は元老師に習って、二胡を弾き終わったら二胡本体から弓をはずしていた。
そして弾くときにまた弓を取り付ける。

で、今の師匠に習い始めたとき、いちいち外さなくてもいいです。と言われ
弓を二胡本体に付けたままにする習慣が身についた。
確かにそのほうが楽なんだけど、ガサツなせいか、弓をセットするときに
千斤の上部に取り付けてあったアジャスター(微調整の器具)に弓を引っ掛けてしまい
しょっちゅう弓の毛が切れる。

そこで最近このアジャスターを外してみた。
このアジャスターは調弦の時の微調整のために付けるものなのだけど
無くても調弦はできる。ただし、調弦に時間がかかる。^^;;;

師匠にアジャスターを外したのなら、ヒモをつけましょう~と言われたので
今日台所にあったタコ糸でやってみた。
こんな感じ・・・・
a0335262_00260620.jpg
これでいいのかな?

千斤の上部に結んだ2本のひもを上げ下げして、微調整するということらしい。
う~ん・・・調整出来てるのかな?  なんか良く分からん。

やっぱりそのうち、元のアジャスターに戻すかもしれません。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by maya653 | 2015-06-21 00:41 | 二胡 | Comments(2)

梅雨入りで腰痛?   

関東地方も梅雨に入り、紫陽花や花菖蒲が見頃を迎えているので
カメラ持ってぶらり~するつもりだったのです。
ところが、朝起きた時から、ひどい腰痛で動けませんでした。

そういえば、先週の二胡レッスンの日も夕方ギックリ腰に似た痛さで
痛み止めのシップを貼って凌いだのですが、
あの日も今日も雨だったので、もしかすると梅雨と腰痛は関係があるのかも?
a0335262_16514522.jpg

体調悪いとお天気だけでなく気分も欝になりそうなので
こんな日はやっぱり二胡でしょう~♪060.gif
というわけで、先日のレッスンのおさらいと練習。

『採花』では今さら聞けなかったシリーズの”大滑音”が面白い。
これは四川の民謡なんだけど、民謡ってそれぞれの地方の特色があって
その特色を踏まえた演奏を先生は説明してくれる。
なかなかそのように弾けないけど楽しい。

そして基礎練習は、ドソソ レソソ ミレドソ~~の「快速総合練習二」っていうやつ。
D調の第二ポジションへの移動がスムーズにできるように、という練習なんですが
全音と半音のピッチの間隔が、未だ定まらず、苦戦しております。
あと、びぶら~と の練習。これは出来ているのかどうかかなり怪しい。
まあ、基礎練はこつこつあるのみですな。

お、気が付くと腰の痛みもちょっとマシになってるわん043.gif


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by maya653 | 2015-06-09 17:30 | 二胡 | Comments(6)