カテゴリ:コーラス・カルテット( 69 )

 

公開カルテット・クリニック@Barbershop

"Barbershop Masterclass with Roger Ross"     
というイベントがありました。
1992年世界チャンピオン・カルテット”Keepsake”のテナー
RogerRoss氏が2つのカルテットのコーチングをするというもの。


一番左端がRoger
a0335262_23143774.jpg
初心者の私なんぞが参加しても意味ないかも~とか思ったのだけど、ぬわんと!
司会進行が大好きなSteve(jammin Zeb)と聞けば行かないわけにまいりません。。。
というわけで、一応?Barbershopのお勉強ということで
Choux Creamesのメンバーさよちゃんと行ってきました。

コーチングの前に、さっそく司会のsteveがコーチのRogerとMaxとあと一人の4人でカルテットを聴かせてくれました。

キャー!いきなりSteveの歌声が聴けるなんて~016.gif
もうすでにこれだけで、道に迷いながらも来た甲斐があったというもんです。
いやいや、ちがうから。
今日の目的はRogerのクリニックでした。037.gif

で、最初のモデルカルテットグループは、”Vocal Tompectrum”
東北大学の学生たち。結成2年で20曲以上のレパートリーがあるという
Barbershopに魅せられた人たち。
こんなグループです。


こんな感じでコーチングが行われ・・・
見違えるように! Roger Magic!?

a0335262_00070121.jpg

2組目のモデルカルテットは”coiffeur”という東京大学出身の実力ある4人組。
舞台に上がった瞬間から、4人のキャラが際立っていて面白かった。
この日も歌った”Sing,Sing,Sing”ですが・・・

Rogerからは手の動きが多すぎて「これじゃSing,Sing,SingとういうよりHands,Hands,Handsだよ」というダメだしがあり、一旦手を前で組んで歌わせてみたり,
目を閉じて歌わせたりしていました。

どちらのカルテットにも共通していたRogerからのアドバイスは、発声。
りんごが入っているように口の奥に空間を作り、頭上に暖かい息が上がっていくように・・・と。いつも貴子先生から言われてるのと同じでした。

なにより楽しかったのは、会場の全員でTagを体験したことでした。
a0335262_23151605.jpg
Barbershopの曲に表れる特徴的なエンディングを”Tag”といいますが
しばしばこのTagの部分だけを、そこに居合わせたメンバーで互いに教えあいながら、即興的にハモって楽しみます。
会場全体で”We Can Fly”のTagを歌いました。
私はBassパートを歌いました。楽しかった~060.gif

その後も、SteveとRoger、Maxと1人のカルテットで2曲と
モデルカルテットも加わり1曲を聴かせて貰い、会はお開きとなりました。

a0335262_00085813.jpg
司会進行のSteve,慣れない通訳もお疲れさまでした。
(やっぱりそこ?w)043.gif
a0335262_00120496.jpg

元Choux Creamesのメンバーでもあり
現在DIVAの一員であるK2さんのブログに、より詳細で素晴らしい
レポートがありますので、是非ご一読くださいね。
DIVAを夢見て(←クリックで飛べます)




[PR]

by maya653 | 2015-11-21 23:27 | コーラス・カルテット | Comments(0)  

私はパイパー♪

昨日はChoux Creames の練習だった。
今練習中の曲は4曲+α

*Rockin' Roll Baby
*I Love A Piano
*赤いスイトピー
*Mr.Sandman


12月は2回お披露目の場があるため
主にそれに向けての練習だ。

数ヶ月前にメンバーの1人が交替したため
去年のクリスマスで初めて演奏した『I Love A Piano』が
特に一からのスタート。


あれほど去年苦労した曲だけど、新メンバーが頑張ってくれたおかげで
なんとか12月の披露に間に合いそうだ。

ところで、Choux Creamesはアカペラのカルテットだから
ピッチパイプで、基準とする音(キー)を鳴らし、
そこから各自が自分の出だしの音を取る。 これ必須!
a0335262_20353280.jpg


今まではステージ上で、4人各自が自分の出だしの音を吹いてから歌い始める
というお恥ずかしい状態だったけど、もう新人ですから~は通用しない。
一般的には、根音を吹くのだけど、特にそれにはこだわらない。
ということで、それぞれの曲で、どのキー音を吹くかという話になり・・・
みんな自分の音がとりやすいキー音を吹いて欲しいもんだから
さあ、大変!(≧m≦)

ピッチパイプの音をCにするかDにするかでもめるもめる~(笑)
きっと慣れた人から言わせると、隣の音なのになんで?
と思うのでしょうが、そこはド素人な私たち。

ドからソは取れるのに、レからソは取りづらい~なんてことに~(;´Д`A ```
まあ後は何度か練習を重ねれば大丈夫なんでしょうけどね~

そして、4曲のうち、私のパート(Bass)から歌いだす曲がいくつかあるので
結局私が、全ての曲で吹く人「パイパー」となりました。

これを間違えると、みんなが出だしの音が狂うわけで
責任重大! 
曲ごとにどの音を吹くのかちゃんと覚えなきゃ~(>▽<;;
ピッチパイプと練習 練習!
[PR]

by maya653 | 2015-11-10 21:04 | コーラス・カルテット | Comments(0)  

MelodyChorus ラジオの時間♪

今まで数々の舞台やTV出演などを経験してきた我らがメロディコーラスですが
初のラジオ登場を果たしました~♪ 
ニッポン放送の大谷のぶひこキキマス!という番組の中のイッテキキマスのコーナーでの参加でした。
a0335262_18095523.jpg
今週の番組のテーマが『キキマス!涙の赤っ恥リクエスト』 
ということで、一応台本に添って急遽先生が用意したのが、この2曲。
「こんにちは~」と「赤っ恥ききま~す~」を私たちが歌うということでした。笑
a0335262_18102664.jpg
いつもより少し早く集まってこれをサクッと練習しレポーターの到着を待ちます。
なにしろ初めての生放送だし、私たちにも赤っ恥エピソードを聞かれるらしいし・・・となんだか落ち着かずそわそわしていると。
まず中継用の器機をセットする方がやってこられa0335262_18320851.jpg
簡単な打合せなど・・・。

でもなかなか面白いエピソードが出てこない我らがメンバー。
・・・・・
大丈夫かなあ・・
(ノ_-;)ハア…
a0335262_18351325.jpg
と、そこへみかけによらずw颯爽と現れたイジリー岡田さん
お馴染みのオカッパ頭?で、意外と背が高い。
慣れた感じで、今日の流れの確認と先生にいろいろと質問しながらメモってました。
実際の番組の放送を流しながら、出番を待ちます。
音の出るもの、ないね?!
携帯の音ならないようにした?
  ・・・とちょっとした緊張感が漂います。
そして、はじまりました~~~!  生放送です。
直前に練習した「こんにちは~」と
「赤っ恥~ききま~す~」うまくいきました。(*´∇`*)
赤っ恥エピソードも、イジリー岡田さんの上手なフォローで
面白く笑っていただけたようです。
さすが、プロですね!うまく纏めてくれます。

最後に歌った「人生の扉」は3番まで歌ったところで時間切れでフェードアウトしながら番組は終わりました。
あっという間の10分間でしたが、楽しかった~♪

友達が放送を録音してくれたのでYouTubeにしてみました。

以前はTVも舞台も尻込みしてたメロディーコーラスなのに
最近はこんな急なオファーにもたじろがず、頼もしいぞ~!
a0335262_18585712.jpg
ちなみに、もちろんギャラなんてありません。
各自ボールペン2本と番組のステッカー貰いました~!(*゚▽゚)ノ



[PR]

by maya653 | 2015-10-23 19:04 | コーラス・カルテット | Comments(0)  

カルテットライブ&キングパフェ

都内某所で行われた『カルテットライブ』へ行って来ました。
東京バーバーズのメンバーを中心に、Barbershopカルテットが16組。
我らが貴子先生も”Bellatrix” という新しく結成したグループで
ゲスト出演しました。
a0335262_21580328.jpg
Barbershop Quartet って何?という方には、こちらをどうぞ。


2時間あまりのライブを楽しんだ後は、ちょっとお茶して帰りましょうってことで
入ったのが、昔ながらの喫茶店っていう感じのお店でした。
入口には芸能人などのサイン色紙がいっぱい飾ってあってどうやら有名らしい。
『王様とストロベリー』って可愛いネーミングのお店でした。
席に着くと、周りのいくつかのテーブルに大きなパフェが!!
a0335262_22123183.jpg
どうやらこのキングパフェが売り物のお店だったようです。
たいていのテーブルが6人ぐらいで分けあってる食べてるのに
この人はひとりで、臨んでました!
a0335262_22162945.jpg
でも上のクリームをたいらげた時点でギブアップされたらしく、退席していました。
なんて、もったいない。。

私はというと、このジャンボパフェで。
少しだけコーンフレークが入ってたものの、ほぼソフトクリーム&ホイップクリームぎっしりという上げ底無しパフェ。
これでも大きくて、食べ終わったら胃袋がもう当分クリームは勘弁してくれ状態でありました。
でも久々のチョコパフェに満足満足♪
a0335262_22195456.jpg
これで600円て、安くないですか~?(*´∇`*)



[PR]

by maya653 | 2015-10-18 22:22 | コーラス・カルテット | Comments(2)  

SAI2015 @LasVegas

Sweet Adelines International(SAI)世界大会が今年も行われ
福家貴子先生は現地で、楽しんでこられました。
昨日は写真を拝見しながらお土産話を聞かせてもらいました。

私はご一緒できなかったけれど、実はSNSでリアルタイムでupされた会場の写真などを見ながら、そして次々とYouTubeにupされる大会の模様を見ながら、
まるで自分もその場にいるかのような気分を味わわせてもらいました。
インターネット様様です。(*´∇`*)

RecapですがFinal の様子を見ることができますので、載せて見ます。

こちらはカルテット部門のFinal


で、チャンピオンはどのグループだったんでしょ?

[PR]

by maya653 | 2015-10-16 21:39 | コーラス・カルテット | Comments(0)  

いのちの歌♪

今やってるコーラスの課題曲のひとつが『いのちの歌』

2008年のNHK朝ドラ「だんだん」の劇中歌で、
ドラマの中で三倉茉奈、三倉佳奈(まなかな)が演じる音楽ユニット
「シジミジル」が作った曲として歌われたそうです。
作曲者はMiyabi(じつは竹内まりや)



いい歌詞だし、いい歌ですが・・・
ワタシ高い声出ないので、歌うの辛いっす。ゞ(><)o

[PR]

by maya653 | 2015-10-14 15:12 | コーラス・カルテット | Comments(0)  

I Know Him So Well ♪

昨日は久々のMelodyChorus のレッスン日でした。
新しい曲3曲のうちのひとつをご紹介。

『I Know Him So Well』 
彼をよく知ってるわ・・なんじゃそれ?と思ってたけどw
実は ぬわんと!英国のヒットチャート1位に輝き、
「全英で最も売れた女性デュオによるシングル曲」として
ギネスにのっているという有名な曲だった。

元々ABBA書き下ろしのオリジナルミュージカル「Chess」の中で
2人の女性がひとりの男性のことを歌う曲として使われているそうです。


Elaine Paige & Barbara Dickson で。




そして、そのElaine Paigeに憧れて歌手になったというSusan Boyleとのデユエットで。

[PR]

by maya653 | 2015-09-04 20:35 | コーラス・カルテット | Comments(2)  

Can't Smile Without You ♪

今日から9月。
MelodyChorusも夏休みが終わって、練習再開だ。
昨日先生から次の課題曲が3つ送られてきた。

そのうちの1曲『Can't Smile Without You』
Carpenters が1976年にアルバム”A King Of Hush”に収録。
Barry Manilow が1978年アルバム”Even Now”リリースし
ヒットチャート3位になった曲。

先生のアレンジはいつものように
各パートが交替でメロディを歌えるように仕上げてくれている。
a0335262_10141827.jpg


Barry Manilowも素敵だけど、Carpentersで。



You know I can't smile without you
I can't smile without you
I can't laugh and I can't sing
I'm finding it hard to do anything

君がいないと笑顔になれない
君なしでは微笑めない
笑うことも 歌うことも
何にもできないって気がつくんだ

[PR]

by maya653 | 2015-09-01 10:21 | コーラス・カルテット | Comments(4)  

Irish Blessing ♪

音楽界は秋が一年の始まりとか。
そういえば先日の「和の調べ」でMAKIさんも
音楽家は秋が一番忙しいって言ってましたね~

MelodyChorus も Choux Creames も今は夏休みです。

でも先日先生から次の課題曲がメールで送られてきました。
『Irish Blessing』 という曲です。


Irish Blessing は アイルランドに古くから伝わる祝福の言葉だそうで
いくつかのバリエーションがあるらしいのですが
こんな歌詞です。

May the road rise up to meet you.
May the wind always be at your back.
May the sun shine warm upon your face,
And rains fall soft upon your fields.
And until we meet again,
May God hold you in the hollow of His hand.

あなたが進む先に、いつも道が開けますように
あなたの背中を、いつも風が後押しをしてくれますように
あなたの顔を、いつも太陽が暖かく照らしてくれますように
あなたの畑に、雨がやさしく降り注ぎますように
私たちが再び会う日まで
神様があなたをその手のひらで包んでくれますように


Irish Blessing - Barbershop Multitrack by Julie Gaulke


[PR]

by maya653 | 2015-08-24 19:44 | コーラス・カルテット | Comments(0)  

やまびこ作業所にて

やまびこ作業所は練馬区にある知的障害者授産施設です。
私たちの福家貴子先生が20年以上前ここの音楽講師をしておられたご縁でしょうか
10年程前から夏恒例の納涼祭にゲストとしておじゃまするようになったそうです。

数年前からはMelodyChorusも参加させていただき、
先輩カルテットのPurple Purple と Dory's も一緒です。

かつてMelodyChorusにいた人も来てくれて
久しぶりに元気な顔を見せてくれました。

作業所のメンバーのご家族や地域の方々も訪れ、
みんなで飲んで、食べて、最後はみんなで歌ってと
夏の夕べを一緒に過ごします。

私がおじゃまするのは今年で3回目となりますが、
今回はChoux Creamesとしても歌わせていただきました。

初披露の曲『赤いスイトピー』 
そして2曲目は『Mr.Sandman』 です。
a0335262_20371177.jpg
メンバー交代があって、今後はこの4人でやっていくことになりました。

最後は作業所のメンバーが中心になって、みんなでたくさんの歌を歌いました。
「おもちゃのチャチャチャ」 「南の島のハメハメハ」 「ドラえもんのうた」etc.

作業所のメンバーはみんな歌うのが大好き。
マイクを絶対離さない子がいるかと思えば、ぴょんぴょんジャンプしてる人もいる。
みな全身全霊で音楽を楽しんでいるようです。

なかでも驚いたのは「花は咲く」を歌い始めたときのこと。
そのマイクを離さない子が、まっすぐに私の方へ向かって歩いてきたかと思うと
私の手を取って、前に引っ張って行ったのです。

その理由が私にはすぐに分かりました。
2年前の納涼祭で「花は咲く」を皆で歌ったとき
私が前に出て、歌詞を書いた紙をみんなに見えるように持っていたんです。

きっと彼の頭の中にはそのことがキッチリと残っていたんですね~
ああいった障害のある人は、特別な能力が備わっていると聞きます。
事実彼は、どの歌の歌詞もすべて覚えていて
一番前で、ずっと歌い続けていたのですから。

楽しい夕べも終わり、また来年ね、と言いながら
お別れしました。
お疲れさまでした。(*´∇`*)



[PR]

by maya653 | 2015-08-08 22:38 | コーラス・カルテット | Comments(0)