カテゴリ:思い出( 4 )

 

書道の時間

昨日ある場所で書道をしている場面に遭遇した。

ずっと書道を習っていた子供の頃の記憶が蘇った。
毎週土曜日になると、近所のお寺の本堂で行われていたお習字教室。
9年間習って雅号まで頂いたが、それっきり辞めてしまった。

床に座布団を敷いて机に向かって正座をし、ただただ無心に筆を運ぶ。
あの静寂。。。とても落ち着く心地よい時間。
そのせいか、今も墨のにおい。そしてお線香の匂いが大好きだ。
でも正座は苦手。^^;

よし、久しぶりにやってみよう!

取り出したのは、以前よく書いていた「写経」だ。
お手本と、上からなぞる練習用紙、清書用紙がセットになっている。

「般若心経」は父が毎朝仏壇の前に座り唱えていて
かつては幼い孫(私の息子)も横にちょこんと座り
聞いているうちにいつのまにか暗記してしまった。 
なんていう思い出もある。
彼は今も覚えているのかな~

暑い暑い夏の午後、
こんな静かな時間もなかなかいいものである。

a0335262_10172828.jpg


[PR]

by maya653 | 2015-07-22 15:00 | 思い出 | Comments(2)  

JET STREAM

家族が寝静まった深夜、試験勉強をしながらラジオを聞いた世代だ。

ラジオ黄金時代。 「オールナイトにっぽん」が有名だが
関西育ちの私は「ヤングリクエスト」と「ヤングタウン」(ヤンタン、ヤンリク)
を聞くことが多かったし、ヤンタンステッカー欲しさにハガキを投稿したこともある。

自分の投稿が読まれた翌日、学校で聞いてたクラスメートに
からかわれて、ちょっと恥ずかしかったけど、いい思い出だ。

そんな深夜ラジオで一番好きだったのは【JET STREAM】という番組。
この番組を聞いてから眠りにつくという毎日だった。
午前0時になると、「ミスターロンリー」の曲が流れ、それとともに
城達也さんの素敵なナレーションで始まる。

イージーリスニングといわれるジャンルの心地よい音楽とともに
パイロットと管制官のやりとり、機内アナウンスなどが臨場感たっぷりに流れ
あたかも自分もその国へ一緒に旅しているかのような気分だった。

小さいころから「夢はスチュワーデス!」と言い続けていた子供だったから
人一倍海外への憧れの強いタイプ。
あのころはまだ海外旅行は今ほど普通のことでもなかったから
番組で夜間飛行できることは本当に楽しかった。

番組が始まった1967年から26年間ナレーションをしていた城達也さんが
亡くなる2ヶ月前の1993年12月に放送された最後のジェットストリームで
しばし、懐かしい思い出に浸ってみたい。






[PR]

by maya653 | 2015-07-20 12:32 | 思い出 | Comments(4)  

ライチの思い出

近所のスーパーでライチをみかけたので懐かしくてつい買ってしまった。
荔枝・レイシとも呼ばれるが、楊貴妃が愛した果物として有名だ。
a0335262_15072788.jpg
これは台湾産と書いてあったが、香港でもこの季節市場に並んでいてよく買って食べた。
尤も香港では栽培しておらず、ほとんどは中国や台湾からの輸入だったと思うし
これも冷凍輸入したものだと思いますが。

市場のおばさんの勧めで必ず買うのは「糯米ち」(ロウマイチー)という品種のライチで
ややお値段も高めだけど、中の種がとても小さくて、甘くて美味しかった。

似た果物で竜眼(リュウガン)というのがあるが、ライチとは別物らしい。
a0335262_15073039.jpg

ライチを見ると必ず思い出すのが、もう30年近く昔、香港にいた頃のこと。

子供の野球(リトルリーグ)チームの数家族で
香港のすぐお隣の深圳(シンセン)へライチ狩りに出かけたことがある。
私たちグループに一本のライチの木を与えられ、好きなだけどうぞ~と。

お父さんたちが木によじ登り、木を揺すって、落ちてきた実を母と子が
下で袋を広げてキャッチしたり拾ったり・・・と、
みんなでたわわに実ったライチを採りまくった。

ところが調子に乗りすぎて、ボキッという音がしたと思ったら、
あるお父さんがライチの枝を折ってしまったのだ。
それを知ったライチ農家のおじさん、怒ってましたね~。
楽しかったけど、私たちブラックリストにのっちゃったね~
もう2度と行けないね~などと
言いながらも食べた 取れたてライチの美味しかったこと!011.gif
今もいい思い出です。


[PR]

by maya653 | 2015-06-04 15:46 | 思い出 | Comments(2)  

柳絮

柳絮・・・りゅうじょ と読みます。

昔北京にいた頃の思い出。

春の訪れを告げると言われる柳絮とは・・
白い綿毛のついた柳の種子で
この時期、北京の街にふわふわと舞います。

当時の北京はまだ自転車が多かったので
皆、スカーフを顔に当てながら自転車を走らせていました。
(綿毛が鼻に入らないようにするため)

日本では見たことのない光景だったので
とても印象に残っています。
粉雪のようでもあり、綺麗でした~♪

それからは日本でもこの時期柳を見るとその光景を思いだしますが
柳の種類が違うので、綿毛が飛ぶのを見る機会はほとんどないのですが
少ないながらもこの種類の柳もあるようで
何度か、白い綿毛が舞うのを見たことがあります。


写真は先月公園で見た柳の新芽と花です。柳絮ではありませんが・・
これから新緑の季節を迎えると柳の木も青々と美しいですね。
a0335262_09021909.jpg
「柳絮」を撮影した動画をみつけました。



[PR]

by maya653 | 2015-04-15 09:11 | 思い出 | Comments(0)