<   2015年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 

三渓園

梅雨の晴れ間 思い立って横浜本牧の三渓園へ車を飛ばした。
三渓園は、明治から大正にかけて生糸貿易で財をなした横浜の実業家 原三渓(本名 富太郎)が
造り上げた広大な庭園だ。
原家が私庭として使用していたエリア(内苑)には8つもの指定文化財があって一見の価値あり。
a0335262_09280689.jpg
 
午後だったが蓮花もちらほら咲いていた
a0335262_09280352.jpg

江戸時代 紀州徳川家が建築したものを 大正6年ここへ移築したという臨春閣
a0335262_09280040.jpg

手前の芝生で写真撮影中の花嫁花婿
a0335262_09275712.jpg
明治時代より一般公開されている外苑にも5つの指定文化財があるが
外苑のランドマークとして配された三重塔は京都 燈明寺からの移設
a0335262_09275424.jpg

江戸時代に造られ、訳あって明治40年に鎌倉より移築された旧東慶寺仏殿
a0335262_09275135.jpg

期待した花菖蒲はすっかり終わっていたけど、園内の紫陽花はまだまだ綺麗だった
a0335262_09274919.jpg


[PR]

by maya653 | 2015-06-29 10:13 | おでかけ | Comments(0)  

採花 (ツァイ ホア)

二胡の発表会が終わってからというもの、有名な曲やいわゆる大曲といわれるものに手をつける気がしない。
チャレンジ精神が完全に失われてしまった感じで、自分でもあまり苦労せず弾けそうな曲や、
面白そうな曲や、よく知ってる日本の曲ばっかり弾いて遊んでいる。

そのうちむくむくとやる気が起こってきたらやればいいや~とか
まあそんな時もあるさ~ とか 楽しければそれでいいし~とか・・・
どこまでも自分に甘い。

で、先日「二胡の集い」で弾いた曲が『採花』という曲。
四川民謡で、1月から12月まで、毎月何々の花を摘むという歌詞がついている。
という説明がついていた。
元々はどんな民謡なんだろう?との興味から探してみた。

これが多分原型に近いんでしょう。



これはもう少し歌謡曲っぽく。







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by maya653 | 2015-06-27 14:38 | 二胡 | Comments(0)  

You've Got A Friend

メロディコーラスは、8月に例年どうり、やまびこ作業所という
知的障害者授産施設で歌わせていただくことになり、
昨日はその選曲をした。

その中の1曲はCarole King『You've Got A Friend 』(君のともだち)
1971年にリリースされ、グラミー賞にも輝いたアルバムTapestry(つづれおり)
の中の、これまたグラミー賞の最優秀楽曲賞を獲得した曲だ。
a0335262_10564419.jpg

メロディーコーラスでは3~4年前に歌っているらしく
古くからのメンバーはうろ覚えながら歌えるようだが私は初めて。
あと1ヶ月で覚えられるのかな。。ちょっと心配。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by maya653 | 2015-06-26 10:55 | コーラス・カルテット | Comments(0)  

牧歌

昨日の二胡レッスンでやった曲は『牧歌』という中国曲。
モンゴル民謡を朱昌輝さん編曲の楽譜を使ったのだけど
いかんせん、リズムがむちゃくちゃ取りずらい。
いや最近トミにリズム感が悪くなっている私ではありますが、それにしても
4拍子になったり3拍子になったりが1小節ごとに変わるって、どゆこと?
でもモンゴルの大平原を思い浮かべる伸びやかなこの曲、けっこう好きです。
動画があったので載せて見ます。



こちらは二泉胡で弾いてらっしゃいます。
途中ちょっと楽譜とはリズムが違ってたりしますけど、
とても雰囲気があっていいんじゃないかな~
 


元々モンゴルの民謡なわけだし、
あまり楽譜どうりに弾こうとしなくてもいいんじゃないかと
先生もそんな風に仰ってましたし。(^_-)-☆
[PR]

by maya653 | 2015-06-23 11:17 | 二胡 | Comments(0)  

これでいいのかな

以前は元老師に習って、二胡を弾き終わったら二胡本体から弓をはずしていた。
そして弾くときにまた弓を取り付ける。

で、今の師匠に習い始めたとき、いちいち外さなくてもいいです。と言われ
弓を二胡本体に付けたままにする習慣が身についた。
確かにそのほうが楽なんだけど、ガサツなせいか、弓をセットするときに
千斤の上部に取り付けてあったアジャスター(微調整の器具)に弓を引っ掛けてしまい
しょっちゅう弓の毛が切れる。

そこで最近このアジャスターを外してみた。
このアジャスターは調弦の時の微調整のために付けるものなのだけど
無くても調弦はできる。ただし、調弦に時間がかかる。^^;;;

師匠にアジャスターを外したのなら、ヒモをつけましょう~と言われたので
今日台所にあったタコ糸でやってみた。
こんな感じ・・・・
a0335262_00260620.jpg
これでいいのかな?

千斤の上部に結んだ2本のひもを上げ下げして、微調整するということらしい。
う~ん・・・調整出来てるのかな?  なんか良く分からん。

やっぱりそのうち、元のアジャスターに戻すかもしれません。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by maya653 | 2015-06-21 00:41 | 二胡 | Comments(2)  

人生の扉

Melody Chorus で歌う曲はほとんど全てが福家貴子先生の編曲による。
生徒のリクエストに応じて、先生が編曲をしてくださるのだが
この曲は、かなり先生を困らせたというか手こずらせたらしい。

竹内まりやさん自身の歌だと、ボサノバ的3拍子?であるらしく(難しくてよくわかんない)
それをコーラスで歌うということは、かなり難しい作業だったそうだ。
そんなこととは露ほども知らず、「この曲大好き~♪」ってリクエストしちゃった私。
先生ごめんなさい。m(_ _)m

そんな訳有り曲だったが、苦労の末に先生が仕上げてくださったにもかかわらず
仲間内でも「難しすぎる」「歌いにくい」・・・・とブーイングの嵐。
重ねがさね リクエストしてごめんなさい。m(_ _)m

そして一応練習はしたものの、完成とはいかず、一度も陽の目を見ることなく
時は過ぎていきました~~~。もはやお蔵入り?かと思いきや・・・・・

これはいかん、なんとかせねば!と意を決して(?)ぬぁんと
先生は編曲のやり直しをして下さったのです!

新生 人生の扉 by 福家貴子 は
1番~6番の歌詞を6人がソロでそれぞれが自由に歌います。


そもそも竹内まりやさん1955年生まれの同い年ということもあってか
どの曲も共感する歌詞が多くて、恐らく一番たくさんCD持っているんじゃないかと。。

この「人生の扉」もまさにピタッと来る内容。
「気が付けば~五十路を越えた私がいる~」が
今は60代に突入してしまったけれど。
私が歌う5番の歌詞では、こう歌っています。

I say it's fun to be 60
You say it's alright to be 70
And they say it's still good to be 80
But I'll maybe live over 90

そして、こう続きます。

君のデニムの青が、褪せてゆくほど 味わい増すように
長い旅路の果てに輝く何かが 誰にでもあるさ~♪

還暦過ぎて、身体のあちこちにガタが来て
若い頃のようにはいかないと、哀しくなる今日この頃だけど
生ある限り頑張っていきまっしょい!  (*´∇`*)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by maya653 | 2015-06-19 10:29 | コーラス・カルテット | Comments(2)  

海街diary

映画『海街diary』観てきた。シルバー割でw
いい映画だったな~ 
公式サイトはこちら(←クリック)
a0335262_10370488.jpg
登場人物がみな優しいから、見てるこちらも優しい気持ちが満タンになる。
そして主人公の4姉妹たちが皆美しい。
観客席にちょっと意外な若い男性グループがいたのは
この役者さんたちのファンだな、きっと。
言わせて貰えば、この姉妹の母親役が大竹しのぶだったのには、ちょっと違和感あったけど。w
他の脇役も、けっこういい味出してた。

風景も、姉妹が暮らす写真のこの家も、どこか懐かしく、
私の祖母の家もこんなだったな~とか、やっぱり縁側っていいよな~とか
ついつい映画を見ながら、自分自身の子供時代がオーバーラップしてしまい
それにひきかえ、今のなんとも味気ない日々をすこし寂しく思ったりもした。

ちょっとノスタルジーを感じながらの、優しい2時間を楽しみました。
みなさんもよかったら、どうぞ。(*´∇`*)

[PR]

by maya653 | 2015-06-17 11:01 | 映画 | Comments(2)  

赤いスイートピー

Choux Creamesの練習日♪
新たな課題曲のひとつは『赤いスイートピー』
この曲は元々松田聖子さんのヒット曲だが、いろんな人がカバーしている。
それを私たちは貴子先生のバーバーショップアレンジで歌う。
a0335262_22070265.jpg
4人のパートを少し変えてみることにしたので
私は今までのBassから初めてのBariへ。
Bassはある程度法則性があったような気がするのだが
Baritonは、なんだか自由自在な音符の動き方をするようで
なんで次の音がココ?っていう感じ。(笑)

でもいつもの英語ではなく、日本語の、しかもよーく知ってる歌だから
案外早く習得できるかもしれない。
どんな仕上がりになるのか楽しみでもある。

あえて、徳永英明さんで『赤いスイートピー』




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by maya653 | 2015-06-15 22:19 | コーラス・カルテット | Comments(2)  

基礎は大事

一昨日はコーラスで、昨日は二胡のレッスンだった。
2日続いたレッスンの中で、やっぱり基礎は大事だな~と改めて感じた。

コーラスはいつも必ず発声練習から始まる。
腹筋を使って横隔膜を上げ下げし、空気を押し出す。
前回は貴子先生がご自分の腰に生徒の手を押し当てて
こんな風にやるのだと見せてくださった。
自分では下腹部に力を入れて腹式呼吸をしているつもりなんだけど
先生のようなお腹全体が膨らむ状態にはならない。
何かが違う。(ノ_-;)  

二胡も以前習っていた二胡塾ではいつも長弓の練習から始まった。
二胡は右手の弓で音色を作るから、運弓が大事なのは理解できる。
なので、5年間ひたすらその先生の教えを守ってきた。
ところが、今その身に着けた運弓が自分を困らせている。
いや、それはそれで決して間違ってはいなかったとは思うんだけど
次のステップに行きそびれたって感じかもしれない。

昨日の久遠先生のレッスンで
「丁寧すぎる」「もっと雑に弾いて」等と、
(文字にすると変かもだけど先生が言わんとするところは分かるんです)
いつものように
いろいろな表現を用いて、一生懸命指導してもらったことで
自分の問題点がほんやりと見えてはきているんだけど・・・。
5年間の呪縛(笑)はあまりにも強い。
でもそこから一歩脱出したいのも事実。
時間はかかると思うけど、頑張ろう。

たまたま見つけた元同門の超上級生の最近の演奏。
元先生にそっくりな演奏スタイル。
もちろんこれはこれで素晴らしいと思うのですが・・・。



歌にしても二胡にしても、プロとアマの違い?上手な人とそうでない人の違いって
ロングトーンがぶれない、だったり芯のある音だったりするわけで
そこを目指したいもんです。(*´∇`*)
ま、永久にムリかもですが。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by maya653 | 2015-06-13 14:51 | 音楽 | Comments(6)  

100万人の花は咲く

昨夜たまたまNHK-TVで”花は咲く”のビデオメッセージが流れているのを見た。
そうかぁ 今も続けているんだ~と、しばし思い出に浸った。

東日本大震災の復興支援ソング『花は咲く』を、
一般参加で応募したビデオを編集して繋ぎ合わせ、ミュージックビデオを制作する
というNHKのプロジェクト。

2年前に私がメロディコーラスに入れていただいたとき
ちょうどこのプロジェクトに参加するため、ビデオ撮りをするところだった。
どう歌えばいいのかもさっぱり分からないままに一生懸命歌ったのを覚えているが、何度か試し撮りをして、さあ本番!
そうして、出来たのがこれ。



6月に応募したけれど、NHKで採用されたかどうかなど全く知るすべも無く
突然放送されたのが11月で、結局偶然見ていたメンバーは数名だけ。
私も「さっきTVに出てたね~」という友人からのメールで知った。

プロジェクトのHP上では今も見ることができます。

今も募集していて、第11次募集締め切りは今月6月30日。
全て見たわけではないので、分からないが、二胡で参加してる方はいるのかな?

メロディコーラスはその後も、障害者施設や、クリスマスのショッピングモールでの演奏や、TV局からの依頼で2度のTV出演など、じつにいろいろな経験を
させてもらった。
それから自分たちのコンサートもやりました。(もちろん無料)
どれも楽しかった~いい思い出016.gif
a0335262_09371391.jpg
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by maya653 | 2015-06-10 10:19 | コーラス・カルテット | Comments(0)