<   2015年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 

当てて弾く

今の師匠 太田久遠先生に習うようになって以来
ずっと頭の隅っこにあるのがこの『当てて弾く』という言葉。

光明行の出だしの音を弾くとき、はじめて先生から言われた。
「弓を弦にしっかりと当てておいてから弾く」ということ。
ある二胡友に、それを教える先生はなかなかいないよ
いい先生についたね、と言われたことがある。^^v

普通よく言われるのは「弓は力を抜いて~」ということだが
それは恐らく初心者がやりがちな力を入れて弾くとギギギという
ノコギリの音になってしまうから、力を抜いて~ということになったのかもしれない。

改めて太田先生のHPに書かれていることを見てみると
こう書かれていた。

久遠二胡教室では、
・常に弓で弦をしっかり捉えて音がかすれない事を一番とし、
・将来の進歩に繋がる左手のフォームの安定性、リセット感、ポジション感、
・呼吸による両手と気持ちの連動
・音と音の繋ぎ、音の尾から頭の処理、
を大事にします。


最初に書かれている弓で弦をしっかり捉えてという言葉こそが
先生の仰りたい「当てて弾く」なのだと、改めて理解した。

更にHPには、こうも書かれている。
呼吸と両手の連携がすべての鍵、いろいろな例えを通して両手の連携を身に着けます。

右手と左手の連携・・・そうだな~とつくづく思う
左手に例えばポジション移動が入ったりすると
たちまち右手がお留守になって、妙な運弓になってしまっている。

あーそうなんだ~そうなんだ~
とまずは気付くところからのスタート。

ようやく自分と上手な人の違いがどこなのか、ほんの少しだけど
見えてきた気がする。
見えてきたから出来るかというと、それは別物だけど
一歩ずつ・・・。

そんな我らが太田久遠先生のコンサートがあります。

11月28日(土)@目黒中小企業センターホール

今回のコンサートは先生が天津留学から帰国して10年という節目にあたり
今まで以上に濃い~内容になります。

a0335262_21302776.jpg


ぜひ是非みなさま足をお運びくださ~い!
[PR]

by maya653 | 2015-09-29 21:34 | 二胡 | Comments(6)  

栗の渋皮煮

昨日は何年ぶりかで、栗の渋皮煮を作ってみた。

だいたいこんな手順で作る。

a0335262_10485676.jpg



難しくはないけど、多少手間がかかる。
2、の「重曹を入れて茹でる」を、水を取り替えて3回ぐらい繰り返す。
その時、そっと優しく栗を扱わないと煮崩れたり、割れたりする。
ここが雑な私には一番の難所だ。^^;
案の定、何個か煮崩れたり割れたりして、見栄えが悪い。

そういえば 最初の、アクでお湯が真っ黒になった時
ゆで汁から、ほのかに赤ワインの匂いがした。
思うに、栗の渋皮から出てるタンニンの匂い?

レシピだとけっこう砂糖を使うけど、ちょっと少なめにして煮た。
そして昨夜一晩ねかせておいて・・・
出来上がったのがコチラ。
a0335262_21162842.jpg
食べてみたら、ちょっと甘みが足りない。その分、渋皮の渋みがわずかに感じられる。
やっぱりレシピどうりに砂糖を入れればよかったな。。
自己採点は60点。(ノ_-;)

とりあえず、一部は冷凍したので
こんなんでよければ、差し上げますよ~うみさん。(*´∇`*)
[PR]

by maya653 | 2015-09-28 11:14 | おいしいもの | Comments(4)  

Hさんを探せ!

二胡友のお師匠さん曹雪晶さんのコンサートへ行って来ました。

曹雪晶さんといえば、じつは以前から愛読しているブロガーさんのお師匠でもあり
そのブログがとてもとても面白くて、ぜひぜひそのブロガーさん(Hさん)にも
お目にかかりたい!と思っていたので、めったにないチャンス!

今日は、曹雪晶さんの二胡と同じくらいHさんにお会いする楽しみで
わくわくしながら出かけました。

まずは曹雪晶さんの演奏から。。。

光明行に始まり、金髪のジェニー、G線上のアリア、そして病中吟・・・と
ジャンルを問わず、どれも音色が美しい~♪
特に演歌の「悲しい酒」は無伴奏で、しっとりと聴かせてくれました。

第二部の チャルダッシュ、シンドラーのリスト、葡萄熟了 もよかったな~
やはり二胡って弾き手の性格、個性を反映しますね。

恐らく気負いのない、穏やかで素直な性格の方なのではないかと
お見受けしました。

握手してほしくてCD買っちゃいました。(*´∇`*)
好きな中国曲がいっぱい入っていたのでこれにしましたが
曹さんかなりお若い頃のCDのようです。

a0335262_2236727.jpg


そしてもうひとつの案件、「Hさんを探せ」ですが・・・

Hさんのブログにはさりげなくご本人の3つの目印が書かれていたのですが
一番わかり易い「〇〇のネックレスをしている」を頼りに
私たちHさんブログファン一団は、会場中を目を皿のようにして探しました。

休憩時間に「入口付近にそれらしい人がいた」と聞けば、すぐさま確認に飛んでいきました。
が、めぐり合えず、肩を落として、席に戻りました。

もぉ途中から、今日の目的が、曹さんの二胡演奏なのか
Hさんにお会いすることなのかわからなくなってきました。^^;

そして演奏が終わり、アンコールの賽馬も終わりいよいよ会場を出て・・・・
曹さんのCDを買って握手とサインをしてもらい、ふと振り返ったその瞬間!

ああああ!!  あの人だーー!きっと ぜったい まちがいない!!

と叫びながらも 恐る恐る傍へ行き
「あのぉ・・もしやHさんではないでしょうか~?」とお声をかけました。

我々ブログファン一団に取り囲まれたHさん
「はい そうです」とにこやかに答えてくれました。ヾ(@^▽^@)ノ ワーイ

その後、Hさんとお茶してお話してみると、
ぬわんと、まんざら知らない仲ではなかったんですね的な話やら
二胡友の同門としてのお話やらで、夢のような時間を過ごしました。

いや~素敵な一日でした。
それにしても二胡の世間は狭い。
[PR]

by maya653 | 2015-09-22 22:33 | 二胡 | Comments(0)  

敬老会で二胡演奏

いつも私たち「二胡の集いin東京」に練習場所を貸してくださっている
都内の施設で開催された『敬老会』で
二胡を披露させていただきました。

・朧月夜~祈り
・浜辺の歌
・童神
・蘇州夜曲
・ピンジュイ

以上5曲でしたが、MCを入れても20分足らずで
あっという間の舞台でした。

ソロ演奏のような緊張感もなく、のびのび弾けた。
やっぱり合奏は楽しい!

でも今日までの打合せ、練習、衣装決めなども
わくわく楽しい時間でした。

お年寄りの皆さんにも喜んでいただけたようで
私たちにとっても嬉しい一日でした。
ありがとう(*´∇`*)

a0335262_2141072.jpg


<ここからは番外編>
会場に着いてまず控え室的なお部屋へ向いました。
少し遅めに到着した私は、鍵を預かり最後にその部屋を出ることに・・・

ところが、出ようと思ったら鍵がない!
もう焦りまくって、自分の鞄の中やズボンのポケットやらを探しまくったが
見つからない。
うわあーーどーしよーーこれから音だしとか練習とか着替えとかいっぱい
あるのに。。。(ノ_-;)ハア…  と汗たらたら

そこへ どうしました~?と入ってきたNさんがすぐにみつけてくれました!
目の前のたたまれた布団の上にポンと。

  ********

鍵のかかる部屋をふたつお借りして
一方は女性たちが もう一方は男性たちが着替え用に使うことになりました。
で、私たちが着替えていると・・・突然ドアが開いて。。。。
「おっと、しつれい!」って。

ぬわんと お隣の男性が使う部屋と私たちが使う部屋は
襖一枚で繋がってたんですね~
そうとは知らず、襖を開けて両方の部屋をひと部屋だと思って
着替えてました~~^^;;;

私は幸いスカートに履き替えてたけど
ちょうど下半身が丸出し状態だったUさん
「ひょえ~」って焦りまくってました。

見られた?よね?

そんなドタバタもなんのその。
その後着替え終わった皆さんの晴れ姿は
アオザイやチャイナドレスがとっても素敵でした~

あっ!写真撮るの忘れた。^^;
[PR]

by maya653 | 2015-09-21 21:17 | 二胡 | Comments(4)  

ロミオとジュリエット

先日一緒にコンサートに行った友人との話の中で
昔の映画はよかったね~という話になった。

洋画に夢中になり、外国の俳優さんに憧れ
「スクリーン」なんていう月刊誌を毎月買ったりしていたっけ。

あの頃は映画音楽というジャンルもあってサントラ盤を買って
歌詞を覚えたり・・・・と、映画と共に魅了された。

これから時々、懐かしい洋画を載せていこうかな~と思ってみたり。^^

まずは1968年公開の『ロミオとジュリエット』から。
16分と長いですから、お時間のあるときにでもどうぞ。

a0335262_933669.jpg

これこれ。私もサントラ盤買って、必死に歌詞を覚えたりしたな~^^



この映画の曲はニーノ・ロータ
「太陽がいっぱい」や「ゴッドファーザー愛のテーマ」なんかも
作曲しています。

当時ワタクシまだ10代でしたが、映画館へ観に行きました。
誰と行ったかは忘れた(笑)

言わずと知れたシェイクスピアの戯曲の映画化ですが
主演のオリヴィア・ハッセーの可愛さに魅せられた人は多いでしょう。
その後彼女が布施明さんと結婚した時は、チョーびっくり!でした。

時を経て、イタリアのヴェローナという町に行ったときには
もちろんこの映画が脳裏に浮かび、気分はすっかりジュリエット~(笑)
楽しい思い出です。(*´∇`*)
[PR]

by maya653 | 2015-09-17 09:35 | 映画 | Comments(4)  

音楽と落語の玉手箱

二胡の集いのお仲間Nさんが出演するコンサートに行ってきました。
RISAKUさん(Nさん)は二胡ユニットを結成して、いろいろな場で二胡演奏を披露している人で
もちろん二胡は大ベテランです。

練馬区主催のコンサートでは、私たちMelodyChorusと同じ舞台に
たつという偶然に驚いたものでした。

赤坂区民ホールで開催されたこのコンサートは
第一部と第三部が濱乃志隆さんという方のギターで歌う「音楽の宅配便」と
落語の「落語の宅配便」という芸達者な方で、おもいきり笑わせてもらいました。
本職はクラシックギター奏者だとか。

第二部でいよいよRISAKUさんたちが登場です。
「歌とピアノ、二胡による音楽の花束」と称した
3人の美女たちの共演でした。

a0335262_10524298.jpg


・音楽に寄す(シューベルト作曲)
・ロンドンデリーの歌
・幸せなら手をたたこう
・月亮代表我的心 
・草原情歌
・蘇州夜曲
・夜来香
・小さな空(武満徹作詞、作曲)
・スタジオリブリメドレー
・見上げてごらん夜の星を

と10曲。

歌のソロ、二胡のソロ、3人合奏 ととても盛りだくさんで
たっぷりと楽しませてもらいました。

それにしてもRISAKUさん ひとりでMCもこなし完璧でした。

素晴らしい~(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ
[PR]

by maya653 | 2015-09-16 11:16 | 音楽 | Comments(2)  

8年ぶり?

静岡時代のお友達とランチしましょ~ってことで
台風の影響で時折強い雨風の中、出かけました。

お互い転勤族の妻だから、見知らぬ土地で出会った人たちは
かの地の思い出を共有できる懐かしい友達。

Sさんはまだ静岡と東京を行ったり来たりの生活だけど
他のメンバーは東京や横浜暮らし。
なかでも8年ぶりに会ったTさんは髪が伸びた以外は変わらず。

Nさんは静岡で産まれた赤ちゃんが今や小学生で
今日は父母会があるということで、途中退席。

なぜか久々なのに、すぐに昔に戻れる不思議 (*´∇`*)
また会う約束をしてそれぞれが家路につきました。


最近嵌っているjazz singer はStacey Kent
この可愛い、そしてちょっとハスキーボイスが心地いい♪
Carole King の『You've Got A Friend』 も彼女が歌うとこんな感じに。


[PR]

by maya653 | 2015-09-09 20:28 | おでかけ | Comments(0)  

二胡合宿で「彩雲追月」

昨日は秩父方面で太田二胡教室の合宿がありました。
私は昨年同様日帰り参加でしたが、次回はお泊り参加できるかな~

昼前に秩父駅に集合し、そのまま宿のお迎えバスで
宿所有の音楽ホールまで移動。
まずは簡単なお弁当を食べながらの自己紹介から始まりました。

生徒といっても個人レッスンの人や神奈川や茨城でのグループレッスンの方もいるため
普段は会うこともない同門の面々が顔を合わせるとてもいい機会です。

その後いよいよ本題の練習時間です。
様々な工夫を凝らした基礎練習法を教わったり、滑音の話。
ひとくちに滑音といっても、たくさん種類があって、マスターするには
相当な時間を要することでしょう。

基本的な練習曲をパートごとに分けてやったり
2つの曲を、パートに分けて練習しましたが、時間切れ。
先生の指導が熱心すぎてw時間が足りなかった~^^v
バスで宿に向いました。

お風呂に入ったりちょっとおしゃべりしたりと自由な時間を過ごしたら
いよいよ宴会の時間です。
去年はこの時に突然窓の外は嵐になって大変でしたが今年は大丈夫。

皆で美味しく呑んで食べて、ワイワイ賑やかに。
生徒が演奏したりもあり、私も5人で、時間切れになった曲を演奏しました。
その曲は『彩雲追月』

さあ、弾き終わるやいなや頼んでいたタクシー到着~!
日帰り組みは帰りの電車の時間があるので
名残惜しかったけど、バタバタと急いで宿を後にしました。

本当に楽しい合宿でした。また来年ね~!(*´∇`*)

『彩雲追月』 途中聞き覚えのあるメロディが聞こえますよ^^


[PR]

by maya653 | 2015-09-06 19:14 | 二胡 | Comments(4)  

I Know Him So Well ♪

昨日は久々のMelodyChorus のレッスン日でした。
新しい曲3曲のうちのひとつをご紹介。

『I Know Him So Well』 
彼をよく知ってるわ・・なんじゃそれ?と思ってたけどw
実は ぬわんと!英国のヒットチャート1位に輝き、
「全英で最も売れた女性デュオによるシングル曲」として
ギネスにのっているという有名な曲だった。

元々ABBA書き下ろしのオリジナルミュージカル「Chess」の中で
2人の女性がひとりの男性のことを歌う曲として使われているそうです。


Elaine Paige & Barbara Dickson で。




そして、そのElaine Paigeに憧れて歌手になったというSusan Boyleとのデユエットで。

[PR]

by maya653 | 2015-09-04 20:35 | コーラス・カルテット | Comments(2)  

体調悪し

昨夜 夢の中に2ヶ月前がんで亡くなったコーラス仲間が現れた。
そして私を自分が行きつけの病院へと連れて行った。
そこで私は不思議な脳の検査を受ける。。。という夢。

体のあちらこちらに小さな異変が生じている。
右の人差し指と薬指が少しむくんで、十分に曲げられない。

時折喉に何かが詰まったような感じがするのは、もう10年ぐらい前からで
最近はとくにそれが酷く、左胸の上の方まで違和感がある。
先週は夜中寝ていてにあまりの痛さに起き上がってしまった。

心筋梗塞の前ぶれ? 心臓神経症? 逆流性食道炎?
ネットで調べながらも、不安な気持ちは募るだけ。
いったい自分の身体になにが起こっているのか?
病院へ行っても「加齢のせいです」と言われることが続いてきたため
あまり行く気がしない。

でもやっぱり・・・行くしかないか



ご自分の二胡演奏をたくさんupしておられるRutsuさんで。
『You Raise Me Up』



わわっ!この方『平湖秋月』もupしてらっしゃった。

[PR]

by maya653 | 2015-09-03 10:30 | つぶやき | Comments(10)