神楽坂日和   

明日には梅雨入りするかもしれないと天気予報がいう。
だから今日は梅雨入り前の貴重な晴れなんだそうな。
とはいっても、ちょっと蒸し暑い気もする。

素直な私はその言葉どうり、朝からシーツや枕カバーを洗濯した。
それからパンを焼き、ご近所へ買い物に出掛けた。
するとどこからか男性の大声が聞こえた。
声の方を見ると、そこは地下鉄の工事現場で
ふたりの誘導員のおじさんが喧嘩してる。
「馬鹿」だのチョンだのと子供の喧嘩みたいで失笑をかっている。

その先では、TVカメラとそのクルーたちがアングルを決めるべく
「そこのごみ袋どけて」とか、汚いものをフレームからどかして準備中。
神楽坂ではめずらしくない光景だ。

     174.png     174.png     174.png

帰宅すると図書館から電話があった。
予約していた本が返却されたのでとりにきてください、とのこと。

予約したのは2冊で『キラキラ共和国』と『ツバキ文具店』共に著者は小川糸さん。
人気の本らしくその時ウェイティングリストの300番目だと言われていたので
何か月もかかるかと思っていたら、意外に早かった。
a0335262_20091036.jpg

読書家の友人の勧めでは『ツバキ文具店』を先に読んだほうがいいよ
とのことだったが、運よく今日連絡があったのは。その「ツバキ文具店」のほうで
『キラキラ共和国』はまだ順番がまわってこないらしい。

図書館からの帰り道、夕方の神楽坂は
仕事を終えたサラリーマンが立ち飲み屋さんで楽し気に談笑する姿や
速足でベビーカーを押し、帰宅を急ぐ若いママさんの姿
店先の提灯に点灯する前掛け姿のお兄さんや
チラシを手に呼び込みするお姉さん。

昼間とは別の顔が見えて面白い。
初夏の夕暮れ、好きだな。

さて、今夜はひとりご飯だから
簡単にあり合わせでサクッと夕食を済ませたら
本を手にゆっくりしましょうかね~(*'▽')

[PR]

by maya653 | 2018-06-05 20:11 | 日々のできごと | Comments(2)

Commented by べに丸 at 2018-06-06 11:25 x
”神楽坂日和”のタイトルがピッタリの今日の日記。
たまさんの描写を読みながら、私の知っている神楽坂の様子を
思い浮かべました。いい街ですね。

ところで『ツバキ文具店』の図書館予約人数が300人!すごい。
もっとも、私の地元の図書館でも150人待ちくらい
だったかな(^^;

NHKのドラマの方を先に見て、それはそれで面白かったのですが、
やっぱり原作とドラマは別物ですね。小川糸さんの作品が持つ
独特の雰囲気は、本を読まないと味わえないものです。

Commented by maya653 at 2018-06-06 14:15
★べに丸さん
有難うございます。
下手な文章で恐縮です。^^;

NHKドラマのほうは幸い見てないので
先ず原作から入れてよかったです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 6月6日って、何の日? 銭湯 >>