2018年 01月 29日 ( 1 )   

四谷ぶらり~須賀神社   

四谷にある須賀神社へお参りしました。
a0335262_15142774.jpg
社殿横にあった厄年一覧の看板を見たら、もう厄年とはご縁がない年齢で
ホッとしたら、下の「方位除」(本年が運気低迷の年に当たる方の生まれ年)
というところに、自分がしっかり入ってるではないですか!(@@;ギョッ
a0335262_15191238.jpg
占いでも私の運勢はこれから数年は下降するらしいので
手は広げず、大人しく静かに生きてゆきたいと思います、はい。(≧▽≦)

御朱印は貰えなかったのですが、「一陽来復」のお札を頂いてきました。
『災い転じて福となす』後利益ありますように!
a0335262_15294860.jpg
お祀りの仕方を読んでみると。。
節分の夜、真夜中12時に今年の恵方に字が向くように祀り
一年間は動かしてはいけない・と書いてあります。
う~ん、なんか難しそうな、けどご利益ありそうな気もします。(*´ω`)


そして須賀神社にはこの階段目当てに来ている外国の方がちらほら。
映画「君の名は」のラストシーンで主人公の二人がすれ違う階段です。
a0335262_17470037.jpg


この近くは神社仏閣が多いようで、すぐ裏手には
四谷怪談のお岩さん所縁の神社もあります。
a0335262_15411424.jpg
芸道上達祈願の旗があって、芸能関係の方らしき若い女性などがお参りしていました。
一応私も歌と二胡の上達を祈願しておきました。(笑)

実は👆ここは新しく建てられたお稲荷さんで
なぜか「陽運寺」という寺の名前が入口にありまして

その斜め前にあるのが、こちらの元祖 於岩稲荷田宮神社(お岩稲荷)
a0335262_15434501.jpg
「於岩」というのは江戸時代の初期に四谷左衛門町で
健気な一生を送った女性「田宮 岩」のことで、その女性の美徳を祀っているのが
この神社だそうです。
岩さんは懸命に働き、家の敷地にあったこのお社に熱心にお参りしたことで
お家の再興を果たしたとか。
死後200年近く経ってから、『四谷怪談』という戯曲に登場することになった
お岩さんですが、あれは芝居の世界の作り話。(名前だけ使われた)
田宮家の復興に尽くしたのに、お気の毒なことですね。
  
     178.png    178.png    178.png

四谷へ来たからにはあそこへも寄らなくちゃ~ということで
有名なたい焼き「わかば」さんへ。
a0335262_16112489.jpg
行列は8人程。これってまだまだ少ない方です。

職人さんの手で一匹ずつ焼いているので時間がかかるのです。

a0335262_16120906.jpg
店内で食べることもできますが、今日はお持ち帰り。
家に帰ってゆっくり頂きました。
a0335262_16153436.jpg
ここのたい焼きは餡子が濃くてずっしり重いのが特徴です。
あ~美味しかった(*^^*)

[PR]

by maya653 | 2018-01-29 16:15 | 散策(photo) | Comments(4)