カテゴリ:コーラス・カルテット( 78 )   

DIVAコーチング by 市川さん   

昨日は関東地方に台風がやってきて時折横殴りの雨に見舞われました。
そんな中、DIVAには嬉しい体験がありました。

本場アメリカのバーバーショップコーラス Westminster Chorus
ご活躍中の市川泰道さんにご指導いただくことができました。
a0335262_11525585.jpg
基本的な立ち位置、円形状に立つこと。
コレオという振付に関して、基本的なステップから
何通りかのバリエーションに変化させること。
更に新しく曲の中で取り入れる可愛いコレオのご提案など。

目から鱗のことがたくさんあって
さすが、本物!との思いが致しました。
とても勉強になり、感謝です。
これを忘れずに頑張ろう!
a0335262_11521420.jpg

[PR]

by maya653 | 2018-08-09 11:53 | コーラス・カルテット | Comments(0)

サマー・コンサート@セシオン杉並   

杉並区コーラス連盟が毎年行っている サマー・コンサートに
DIVAは 今回 初参加しました。
a0335262_09385351.jpg
DIVAは
Close To You』
『Greatest Love Of All』
『On The Street Where You Live』  
以上3曲を歌いました。

コンサートは3部構成で総勢33グループが練習の成果を発表しますが
DIVAのようなアカペラグループは珍しかったかもしれません。
しかもBarbershop Chorus であることは
観客のどなたも多分ご存じなかったのではないかと思います。

最後に各グループに、講師の方からの講評が頂けます。
DIVAが頂いた講評は・・・
『9人で多重声部のアカペラ素晴らしい。
指揮者が振り向いてフリまでついて、たくさん練習したんでしょうね。
皆さんとても自然に楽しんで歌っていて、表情もとても豊かです。・・・』
と、まあ過分なお褒めを頂きました。

夜のうちに早速、撮った動画を送って頂き、何度も見てひとり反省会。
やはり緊張して、全体に動きが固いし、最後の舞台袖に退出するタイミングを
間違えて、OH!No!~~~(>_<)

でも楽しかったし、初めてにしては良かったかな。(≧▽≦)

衣装も好評でしたよ~(*^^*)
※本番ステージより
a0335262_09342512.jpg
a0335262_09343061.jpg


[PR]

by maya653 | 2018-08-05 09:38 | コーラス・カルテット | Comments(4)

If You Go Away   

DIVAの夏の予定のひとつが
『この軽井沢国際合唱フェスティバル2018』への参加。
と言っても合唱コンクールに出るわけではなく
この中の一部プログラムに参加する予定です。
a0335262_17393993.jpg

このチラシにある北欧からのゲストZero8 のコンサートは
京都、広島、東京でも行われるので 興味のある方は是非。

たまたまみつけた、Zero8の動画を見て、ちょっと意外だったのが
Barbershopらしくないというか、へえ~こんな曲も有りなんだ~と...
それがこの2曲目の曲『If You Go Away』   



尤も、後ろの国旗を見ても分かるようにこの動画はイギリスでのステージ。
この曲は特にヨーロッパでは、スタンダードナンバーとして愛され
親しまれている曲なんだそうです。

元は1959年にジャック・ブレルが愛人ジズとの別れの後に書いた
フランス語の曲「Ne Me Quitte Pas」で、
その後、英語版、イタリア語版、そして日本語版でも広く知られています。

1967年にダスティ・スプリングフィールドが歌った「If You Go Away」



菅美沙緒による日本語詞は金子由香利の『行かないで』
私はもちろんこちらが、とても懐かしい。162.png



さて、8月から9月にかけて来日するZero8は
果たしてこの曲歌ってくれるかな~?
日本でも好きな人多いと思うんですけど、どうでしょうね?(*^m^)

[PR]

by maya653 | 2018-06-22 17:38 | コーラス・カルテット | Comments(0)

DIVA練習(2018.06.20)   

Barbershop では練習のことを”リハ”というそうです。
日本でリハーサルというと本番前の通し&確認をイメージしますが、
確かに英語で「rehearsal」を調べてみると「けいこ」とありました。

さて、今日のDIVAリハは、参加者6名と少なくて
でもその分じっくり中身濃い目だった気もしますが。(*^m^)

いつものようにまずはラインダンスで身体をほぐしましょう。
前にもご紹介したことのある『Stroll Along Cha-Cha』というダンスです。
貴子先生お気に入りの動画はこちら。
確かにノリがよくて楽しいわ♪


現在集中的に練習している曲は3曲です。
以前ご紹介した
On The Street Where You Live
The Greatest Love Of All
そしてあと1曲はカーペンターズでお馴染みの
Close To You



「遥かなる影」という邦題がついていますが
Close to you の意味は”あなたの傍に”という感じ。

この3曲、リハを重ねてこの夏、ステージなどで歌う予定のDIVAです。
同時に、アメリカのBBSコーラスでご活躍の日本人Directorにご指導いただいたり、
軽井沢でZero8のラスムスにコーチングを受けたりと
ワクワクドキドキな夏なのです。

コーチングは多分先の2曲だけになりそうですが
頑張って練習しなくちゃ~!(≧▽≦)


[PR]

by maya653 | 2018-06-20 21:33 | コーラス・カルテット | Comments(2)

Notre Dame Medley   

あれからどっぷりRingmasters162.pngな日々が続いております(笑) 

今日も朝からRingmasters113.png

先日のコンサートでは聴けなかったこの曲  
完璧なハーモニー 凄いです!

15世紀のパリへ・・・

Notre Dame Medley



今日は176.png DIVAの練習日
3曲暗譜しなきゃ~168.png169.png

[PR]

by maya653 | 2018-05-09 08:41 | コーラス・カルテット | Comments(0)

RINGMASTERS   

昨日は夢のような一日でした。
久しぶりにMelody Chorusとのランチとレッスンに途中まで参加し
私は一足お先にメインディッシュの会場へと向かいました。
a0335262_10183898.jpg
Ringmastersのショウを観るため、開場1時間以上前から並び、
最前列の真正面(かぶりつき)の席をゲット~♪106.png

かつてBarbershop Quartet 世界一となったRingmasters
まだあまり知られていない日本だからこそのこの距離感(*^m^)

今年スウェーデンと日本の外交関係樹立150周年ということで来日し
前日にはスウェーデン国王、王妃殿下の前での演奏などで大活躍した彼ら。
東京バーバーズさんのおかげで目黒での公演が実現しました。162.png

直前で急遽メンバーの変更があり
都合で来日できなくなった2人の代わりに
Didier(Bass)とAlexander(Tenor)が入ってのこのメンバーでした。

なんてスラリと背の高い、お2人なんでしょう!
a0335262_10191434.jpg
大好きなRusmus がいなかったのは少し残念でしたが
彼とはDIVAで夏に楽しみな予定があります。それはまたいずれ。
ついでに去年のショウの時のRusmusの写真を載せちゃう。(*^m^)
a0335262_10200171.jpg
彼らは同じ音楽大学の出身であり、夫々が別のカルテットで活躍し
また、Zoro8というコーラスのメンバーでもあるというバックボーンがあるので、
いつでもこうやって合流できるそうです。
Zoro8も今年来日公演があり、今からとても楽しみです。

昨夜は手の届きそうな所で歌う彼らに魅了され舞い上がり
今朝もまだぼ~~っと余韻に浸っています。113.png
素敵な素敵な夜でした。177.png177.png177.png

Barbershop以外の曲も聴かせてくれました。
しっとりとしたスウェーデン民謡なども聴き入りました。

昨夜の演奏曲の中からYouTubeにあったものを少しだけ。
全て正規のメンバーで古い動画ですが。。

『Java Jive』


『Baby Driver』

『All Shook Up』

最後の曲は『Smile』



[PR]

by maya653 | 2018-04-27 10:17 | コーラス・カルテット | Comments(2)

DIVA練習(2018.02.14)   

今日はDIVAの練習日。
今日の Linedance は『stroll along cha cha』というチャチャチャのステップ。


この動画はスローな曲ですが、ラテンの曲が合うと思います。
大好きなマイケル・ブブレの『Sway』 とかいかが? (^^♪
 



今日は主に「On The Street Where You Live 」中心に練習しました。
以前も書きましたがこの曲は映画「My Fair Lady」の中の曲です。

この曲を歌うことになって映画も観たくなったわ~と思っていたら
DIVAのメンバーからDVDをお借りして観ることが出来ました。

a0335262_23031509.jpg

ジョージ・バーナード・ショー原作の戯曲がミュージカル化され
さらに映画化された『マイ・フェア・レディ』

なんといっても主演のオードリー・ヘプバーンが可愛い113.png

映画のキャスティングの際、主役のイライザを誰にするかで議論となり
ミュージカル版のジュリー・アンドリュースを推す人が多かったが、
映画女優としてはより知名度が高くて集客力のあるオードリー・ヘプバーンに
決まったそうです。

同じ年にジュリー・アンドリュースも『メリー・ポピンズ』で主役に抜擢され
アカデミー賞を受賞したのだからよかったですね。

ちなみにジュリー・アンドリュースは自分の歌声でしたが
オードリーヘプバーンはマーニー・ニクソンによる吹き替えだそうです。

ストーリーの面白さもさることながら、
当時の女性の衣装も素敵だったし、どの音楽もいい曲ばかりだし
昔の映画はいいものが多かったなぁと思いました。

そうそう、今日はバレンタインデーだったわね。
すっかりご縁がなくて忘れておりました。(≧▽≦)



[PR]

by maya653 | 2018-02-14 23:24 | コーラス・カルテット | Comments(2)

DIVA練習(2018.01.31)   

今日はDIVAの練習日でしたが
欠席者が多く、集まったのはわずかの5人でした。
まるでカルテットみたい。(笑)

まずはラインダンスでもやって、身体を温めましょ(^^♪ と先生。
今日やったラインダンスはこちら。
『Mamma Maria 』

からだもほぐれたところで、
テナー、リード、バリ、ベースの4声に分かれて発声練習。

みっちり発声練習が終わったら
まずは、忘れないように、11月の交流会でも披露した曲から2曲をサクッと。
『DIVA Song』『You Can Fly!』
どちらもDIVAの持ち歌にしたい曲です。

今年に入って現在練習中の新曲は全部で5曲。
その新曲の中から、前回も練習した
『I Write The Songs』『The Greatest Love Of All』をやり、

そして今日初めて練習したのが
『On The Street Where You Live』
但し、イントロ部分の更に一部だけ。
だって、チョー難しいんだも~ん(≧▽≦)



オードリー・ヘップバーンの映画「My Fair Lady」の中で
イライザに片思いした青年フレディが彼女に会いに来て歌う。
邦題は「君住む街で」
〝君が戸口に現れるのを僕は熱い思いで待つ”
だなんて、、今の世の中だとまるでストーカー?(笑)

My Fair Lady ってほんといい曲169.pngが多くて。
久しぶりに映画も観たくなってきました。

173.png 173.png 173.png

<おまけ>
本日の「皆既月食」
撮影するも手ブレしまくり((-_-;))
一応記念に載せておこう(笑)
a0335262_22020150.jpg



[PR]

by maya653 | 2018-01-31 20:46 | コーラス・カルテット | Comments(2)

The Greatest Love Of All ♪   

先日のDIVAの練習は主にこの曲の特訓みたいだった。(笑)
というか、ろくに自主練もしないで臨んだ私はもう本当にダメダメで
ちょっと凹んだ。

『The Greatest Love Of All』
a0335262_11272880.jpg

1977年のモハメド・アリの伝記映画の主題歌として
ジョージ・ベンソンが歌ったのが最初らしいですが
ホイットニー・ヒューストンが歌ったことでチョー有名になりましたね。



”世界で一番愛する人~” っていうlove songではなくて・・・!(^^ゞ
”最も素晴らしい愛は自分の中にある”っていう大きな愛をうたった内容で
心が弱った時に聞くと生きる勇気が沸いてくるとでも言いましょうか。。
なんと壮大な曲なんざましょ。

まさに歌い上げるといった感じの曲ですね~
頑張ろ~!
へなちょこBassだけど(;^ω^)

     177.png     177.png     177.png

ジョージ・ベンソンといえば・・・ってことで
ついでにこの曲も どうぞ~(^^♪
『Nothing's Gonna Change My Love For You(変わらぬ想い)』


こちらは正真正銘 love song♪
こんな夫婦でありたいものです (*^^*)

[PR]

by maya653 | 2018-01-26 11:45 | コーラス・カルテット | Comments(2)

歌い初め2018@DIVA   

今日はコーラスグループDIVAの今年初めての練習日でした。
昨年12月13日以来、全く自主練していなかったので
かなりヤバい状態で参加しました。
メンバーのパート移動もあったのですが、私はいつものようにBass

女声コーラスなのにBassって変だと思われるかもしれませんが
Barbershop Chorus (BBS)の場合、
そもそもの始まりが男声グループだったことから
女声の場合もBass, Bari, Lead, Tenor の4声で呼びます。

昨年末に頂いた新譜の中から、今日は2曲+1曲の一部を練習しました。

初めに『That's What Friends Are For』
以前ここでご紹介したこともある大好きな曲ですが
なまじ知ってる曲だとメロディーが邪魔してBassパートが頭に入りにくい・・
なんてね(笑) いや、歌えて嬉しいです。(*^^)v

次に『I Write The Songs』(邦題 歌の贈りもの)
Barry Manilow が歌って有名になった曲で
グラミー賞もとっているんですね~



そして時間がなかったので
3曲目の『We'll Meet Again』は途中のCHORUS部分だけサクッと。

第二次世界大戦時のヒット曲で、
ヴェラ・リン(Vera Lynn)が、兵隊を送り出すときに歌ったそうです。


盛りだくさんでちょっと疲れたけど、久々に歌って楽しかった~ (≧▽≦)

また今年もがんばろ~!(^^♪



[PR]

by maya653 | 2018-01-10 22:14 | コーラス・カルテット | Comments(0)