カテゴリ:音楽( 32 )

 

津軽よいとこ^^

神楽坂にあるアンテナショップ〝北のプレミアムフード館 ”で
青森フェアをやっていました。

三連休の間は津軽三味線やねぶたばやしのライブ演奏を聴くことができるというので
大好きな津軽三味線を聴きにぶら~り。

市川竹瑛さんの演奏を聴くことができました。
今日も演奏してくださった『八甲田』

津軽三味線を生で聴くと、迫力ある音がビンビンお腹に響いてきて、
いつも感動のあまり泣きそうになります。
この方は女性でしたが、男性の方で曲によっては「はぁっ!!」とか
合いの手をいれたりして、もぉタマリマセン103.png

途中の歌の入った曲では、お店の方が踊りも添えてくださって
津軽弁だから意味はちょっと分かりずらかったのですが
なんか民謡っていいな~と思ったのでした110.png


ここでアップルパイを買うつもりだったのですが売り切れらしく
仕方がないのですぐ近くのPaul さんで購入。

a0335262_16514059.jpg

家で紅茶を淹れて、美味しい林檎🍎のパイで
ゆっくりとお茶しましたよん。(*^^)v


[PR]

by maya653 | 2018-02-12 16:53 | 音楽 | Comments(2)  

ひよっこ最終週

大好きなNHK朝ドラ「ひよっこ」がもすぐ終わってしまのが寂しい。

このドラマの主題歌も桑田さんでよかったけど、
宮川彬良さん作曲の挿入曲が、どれもまた素晴らしい169.png

オリジナル・サウンドトラックが欲しいぐらいだけど
太田裕美の歌った「恋のうた」が入ってなくて残念。

ひよっこ」最終週のサブタイトルは「グッバイ、ナミダクン」

懐かしい「涙くんさよなら」を聴いてみた。
いろんな人がカバーしていて、最近では鈴木雅之のカバーアルバムにも
入っているらしいけど、
やっぱり坂本九ちゃんのオリジナルが好き162.png



[PR]

by maya653 | 2017-09-28 11:17 | 音楽 | Comments(0)  

大手町で右往左往

小用があって大手町へ行った。
大手町といえば、大手企業の本社などが立ち並ぶオフィス街だ。
いつもは東京駅で新幹線に乗るために降りるだけの大手町駅。
街を歩いたことはほとんどない。
a0335262_14562465.jpg
※写真はWebより拝借

背広姿だらけの中に不似合いな主婦が一人、道に迷って右往左往の図。(≧▽≦)
おまけに台風の影響で小雨と強風が吹き荒れたおかげで、持っていた傘の骨が曲がり
踏んだり蹴ったり。143.png

それでもはるか40年前一度だけ行ったことのある、昔勤めてた銀行の本店跡へも
立ち寄ったりして、しばし遠い昔に思いをはせる。。
とは言っても、ビルはすっかり建て替えられ、統合によって銀行名も変わり
当時の面影の欠片もなかったんですけどね。142.png

8月は雨ばっかりで、束の間、数日の晴れが続いたと思ったら
やっぱり雨で終わった8月。
明日から9月。
秋は着実に近づいてます。

今日の1曲はこちらで。
『黄昏のビギン』

いろんな人がカバーしてますが、やっぱりちあきなおみが一番いいですね!


[PR]

by maya653 | 2017-08-31 15:18 | 音楽 | Comments(0)  

白い一日

今日もまた青空はナシかなあ・・・
うちから見上げる小さな空もどんより白い
a0335262_11172783.jpg
お隣の屋根の上に設置されたソーラーパネルもこの夏はヒマかも(笑)

立秋過ぎたけど毎日蒸し暑くて、爽やかな青空と秋の雲が恋しい。

天候のせいか歳のせいか体調がすぐれず、夜も熟睡できず
自ずと気分も滅入ってくる。

滅入った時には暗い曲でストレス解消!が良いそうで、
そういえば、昔ひどく落ち込んだ時、中島みゆきのCD聴きまくってたこと思い出した。

そして今日は、なぜかたどり着いたのが井上陽水
といっても昔10代の終わり頃よく聴いてた曲
例えば「心もよう」とか「氷の世界」とか「人生が二度あれば」とか・・・
この頃の陽水は暗い曲が多くて、でも思春期の私には惹かれるものがあったのね、多分。
今は思春期ならぬ、思秋期? いやもうそれもとっくに過ぎて老齢期だったわ 105.png

当時やっぱり好きだった小椋佳の作詞で、井上陽水作曲の『白い一日』





[PR]

by maya653 | 2017-08-21 11:53 | 音楽 | Comments(2)  

マーラー交響曲第一番「巨人」

昨日は久々のクラシック音楽鑑賞。
”オーケストラアンサンブル豊島”の定期演奏会@新宿文化センター

モーツアルト 交響曲第41番「ジュピター」と
マーラー   交響曲第1番「巨人」
a0335262_17062768.jpg

やっぱり生音はいいですね(^^♪
(立教学院さんの動画ですが)マーラー「巨人」





特にお気に入りは第3楽章



アンコールに応えて(二度目)演奏してくれたのは第4楽章(の最後の部分)
カッコいいですね!


[PR]

by maya653 | 2017-04-03 17:05 | 音楽 | Comments(0)  

New Cinema Paradise♪

3月は歌の練習で忙しく、二胡は気晴らしに弾く程度だったが、
一昨日『2017 Barbershop Workshop』も無事終わった。

4月になると今度は二胡関連のイベントがいくつかあるので
徐々に頭を二胡モードに切り替えていくことにする。

今のレッスンの課題曲は『New Cinema Paradise』
先生から頂いた楽譜は二部のアンサンブルアレンジで
ちゃんと弾けたら素敵なんだけどねぇ。(笑)

二胡ではないけど、こんな素敵な動画を発見。
これまた大好きなヨーヨーマのチェロと
クリスボッチのトランペットの
『New Cinema Paradise』


頭を二胡モードにするはずなのに
こんな寄り道ばっかりしてる私。(*´σー`)エヘヘ

[PR]

by maya653 | 2017-03-27 09:49 | 音楽 | Comments(0)  

One way ticket♪

来週カルテット交流会で歌う予定の曲の中のひとつ
Neil Sedaka (ニール・セダカ)が歌った『One Way Ticket』

日本では平尾昌晃さんが日本語の歌詞をつけ『恋の片道切符』として
カバーし、大ヒットしました。
元々は、ニール・セダカのシングル「おお!キャロル」のB面用に用意されたもので、
歌詞はエルヴィス・プレスリーを始め、いろいろな歌手のヒット曲の
題名を引用したもので、一種のカタログソングです。
ちなみにニール・セダカが作曲したわけではなく、当時の評価はあまり高くなかったようですが。。。



では、この曲の中に織り込まれた当時のヒット曲ってどんなの?
ちょっと興味があったので載せてみましょう。
1950年代のアメリカンポップスの名曲ばかりなので
耳に覚えがあるかもしれません。

『Choochoo Train 』 Doris Day  

Lonely Tear DropsJackie Wilson

『Lonesome Town』Ricky Nelson

Heartbreak HotelElvis Presley 


『Bye Bye Love』Everly Brothers
 
私にとってはS&Gが歌った「ByeByeLove」が懐かしい・・・と思ってたら
こんな動画もありました。


他にも『A Fool Such As I』とかありますが、
今日はこの辺で。

[PR]

by maya653 | 2017-03-17 15:23 | 音楽 | Comments(0)  

寒の入り

昨日は小寒でしたが、暦どおり一気に寒さが増した気がします。
体調に気をつけて寒中を元気に乗り切りたいものですね。

年々出すのも来るのも減ってきた年賀状ですが
今年年賀状が来なかったある友人が気がかりです。

かれこれ40年を越える付き合いになる彼女は
遠く近江の山の中で暮らしていて
数年前から次々と病魔に見舞われ入退院をくり返しているとのこと。
身内も相次いで亡くし、他人の不幸を一気に背負ってしまったようでした。
聴力もかなり落ちているので、昨年秋に電話で話したときは
ほとんど私は聞き役に回りました。
そんな過酷な状況に置かれても、前向きに頑張っていたのだけれど。。
どうしてるのかなあ~ 何かあったのかなあ~

そんな彼女に送りたい1曲
『That's What Friends Are For』




【追記】この後、彼女からの年賀状が届きました。
    頑張ってる様子でよかったよかった。(*´∇`*)

[PR]

by maya653 | 2017-01-06 14:52 | 音楽 | Comments(2)  

世界の遊び歌

「チェッチェッコリ~♪」と歌いだすこの歌
2003年にサッポロ「まる福茶」のCMで使われていたのは知っていたが、
今では運動会の玉入れの定番音楽となっていると聞いた。



元々、ガールスカウトの世界大会がきっかけで、日本でも紹介されるようになったという『チェチェコリ』は、アフリカのガーナ民謡とされている子供の遊び歌だ。

<日本語版の歌詞>
チェッチェッコリ チェッコリサ
リサッサマンガン サンサマンガン
ホンマンチェチェ
といった感じで、意味不明~

日本の「せっせっせーのよいよいよい、おちゃらかおちゃらかおちゃらかホイ」のような、調子をとる無意味な言葉らしい。
それが今や日本の子供たちの運動会の玉入れで定番になってるとは
驚いた!005.gif

他にも子供の頃、よく歌っていた意味不明な歌をいくつか思い出したので
載せてみようと思う。
ちなみに、ボーイスカウトに入っていた弟の影響で私はよく知っていたが
周りで知ってる人はいなかった。^^;

『サラスポンダ』
サラスポンダ サラスポンダ サラスポンダー レッセッセ♪



オランダ民謡といわれている。サラスポンダは糸巻きの意味らしい。。。
が、どちらも定かではない。

『クイカイマニマニ』
クイカイ マニマニマニマニ ダスキー
クイカイコー クイカイカム ・・・



この歌はNHKみんなの歌でも放送されたこともある「南米民謡」とされている。

『アチャパチャノーチャ』
これは知ってる人も多いかもしれない。
原曲は18世紀スウェーデン民謡?
アチャパチャノーチャ アチャパチャノーチャ
エーベサ デーベサ ドラマサデ・・・



他にもありそうだが、今日はこのぐらいで。(*´∇`*)


[PR]

by maya653 | 2016-10-02 17:07 | 音楽 | Comments(4)  

りんごの木の下で

日本ではディックミネが歌ってヒットしたが、
元歌は1905年に米国で発表された「In the Shade of the Old Apple Tree」
1933年にはデューク・エリントンがリバイバルさせた。
ペトゥラ・クラークは1949年のイギリス映画『Vote for Huggett』の中でこの曲を歌っている。
ペトゥラ・クラークといえば、「恋のシャリオ」で、「天使にラブソングを」の元歌。。。
と調べていくと面白い。
いずれにしてもいい曲は残るってことですね。


できればシュークリで歌ってみたいかも。(^_-)-☆



[PR]

by maya653 | 2016-09-15 11:35 | 音楽 | Comments(0)